京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

テレビとマスコミが原因?検査でインフルエンザがでないワケ

      2017/03/19

タミフル

タミフル75

 

インフルエンザウイルスに感染した場合、約1~3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症します。
続く約1~3日では、突然の38℃以上の「高熱」や全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。
やや遅れて、咳(せき)やのどの痛み、鼻水などの「呼吸器症状」が現れ、
腰痛や悪心(吐き気)などの「消化器症状」を訴えることもあります。
通常は、10日前後で症状が落ち着き、治癒します。

引用先:第一三共株式会社

昨日に続いて体調不良です。
ありがとうございます。日比野新です。

あまりに熱が下がらないので、今朝もう一度病院へ行きました。

そしてもう一度インフルエンザの検査をすることに。

鼻の粘膜を取って再検査。
その後待つこと10分。
結果、人生初めてのインフルエンザA型と判明。

お医者曰わく
「最近テレビやマスコミでインフルエンザをよく取り上げるから、検査でインフルエンザが出る前に来る人が多くてね」
ということらしい。

一度検査して陰性だったとしても、検査した日から2~3日経っても熱が下がらないときは、再検査することです。

おかしいなと思っても、病院から「どうですか?」と連絡はありません。

自分から「再検査をする」という行動を起こさないと、自分の体調も治せない。

自発的行動が大事だな、と改めて思った人生初インフル感染発覚日でした。

では、寝てきます。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - 未分類