京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

あんた、朝はどうだった?【ブログタイトル簡単付け方計画】

      2017/03/21

あんた、朝はどうだった?

あんた、朝はどうだった?

ありがとうございます。日比野新です。

誰もが一度は経験のある「苦い朝」。
アンニュイ(死語か)な気分で朝を迎えた感覚。

やさしく心に響く語感。
誰もが一度は経験したことのある共通性。

でも、その経験の原因は人それぞれ。

だから、聞いた人、見た人、それぞれ個人のイメージを浮かび上がらせ、やさしく表現することで心に刺さるのでしょう。

今日ご紹介するコピーは、天才コピーライターのおひとり 秋山晶 さんが作られたもの。

アヲハタのママレードのコピーです。

 

今日のお手本タイトルはコレ。

苦い朝もある。

 

解説

「苦い朝はある。」とも作れたと思います。

でも、「は」ではなく「も」とすることで、非常にやさしい印象になっています。

「も」だからこそ、眠れない夜を過ごした感じが伝わるなと。

そして、たまには、そんなこともある。
というニュアンスが含まれているのでしょう。

だから「たまにはママレードもいかがですか」というCMだったんでしょうね。

ちなみに、このコピーが使われていたCMに登場する女優さんは、文豪「ヘミングウェイ」の孫「マーコ・ヘミングウェイ」だったはず。

 

テンプレ化すると

○○○な○○○もある。

 

使い方

美しい別れもある。

苦い仕事もある。

残念な出会いもある。

 

まとめ

あなただけじゃないですよ。
そんなこともありますよね。

そして、

それは、あなたが原因じゃないですよ。

「ドンマイ」というニュアンスでも使えるのではないでしょうか。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - タイトル簡単つけ方計画