京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

起業1~3年のフリーランスにUSPは必要でしょうか?

   

起業1~3年のフリーランスにUSPは必要でしょうか?

USPは、いりますか?

マーケティングを勉強すると、、、
ダイレクト出版さんの教材を読むと、、、
高額経営塾やセミナーの内容を聞くと、、、

『これがないと売れません!』

と、力強く訴えられるのが

『USP(ユニーク・セリング・プロポジション)』

あったほうが良いのはわかります。
無いよりもあった方がいい。

でも、はっきりとしたUSPが今時点でないから

という理由で、

・起業できない
・仕事ができない
・ライターだったら書けない

ということは、ないと思うんです。

 

無くてあたりまえ

最初から「USP」がある人って、いるんでしょうか?
最初から「USP」がある会社って、あるんでしょうか?

大手企業の特別な部署から、クライアントを引き継いで独立する。
そんな場合なら、勤め先のUSPを引き継ぐので、最初から「USPがある」状態でしょう。

でも、普通、こんなことはないわけです。

だから起業して1~3年くらいは、はっきりとしたUSPが無いのは「あたりまえ」だと思っています。

ヘタにUSPを探す旅に出るよりも、何かをやり続けた方がいいのではと思います。

 

ざっくりとしたことで、いいんじゃないですか?

最初から狭いUSPを見つけるのは至難の業。

だったらまずは、大きく広いことだけを、自分でわかっていればいいのかと。

例えば私の場合だと、

『問題の原因発掘とITに詳しいセールスライター』

とりあえずこんな感じでもいいのかなと。

これを世間一般に公表するかどうかは別として、今の自分としてはこういうポジション。

ということだけでOKなのではと考えています。

 

USPはお客さんあってのこと

USPって、お客さんと取引する中でわかってくるものだと思うんですね。

・どんな人に喜ばれるのか
・どんなことが喜ばれたのか
・ほめられたことはどんなことか
・どんな人とは合わなかったのか
・切られた理由はどんなことか

まだ何もやってないときに、はっきりとしたUSPを見つけたと思っても、そのUSPは

誰かの借り物

である可能性が高いです。(経験談)

だったら最初から狭めずに、広~い範囲だけ知っておいて、後はお客さんとの付き合いから見つけた方が得策かと。

市場にしか答えはないのですから。

 

まとめると

少し考えただけで見つかるUSPは、USPでないことが多いです。
また、すぐに見つかるUSPは、すぐ誰かにマネされます。

「起業のときにはUSPを見つけましょう」

そんなことが言われますが、まだ取引が始まっていないのなら、USPはわかりません。

USPを見つけてから起業するよりも、先に起業した方が、結果としてUSPが早く見つかるのではないでしょうか。

USP、別に後付けでもエエやん。と思いますが、、、

 

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル