京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

まだ3日もある

      2017/03/29

まだ3日もある

まだ3日もある

時間の進み具合は、その人の暮らしや状態によって感じ方が変わるものですよね。

休日の1日24時間は早く過ぎるのに、仕事に行ってるときの24時間は遅いとか。
仕事場で月初と月末は超早く時間が経つけれど、月の中旬は遅いとか。

それぞれに経験があると思います。

ありがとうございます。日比野新です。

今日、図書館でライティングやらリサーチやらが終わった帰りに、コープ(生協ですね)へ買い物に寄りました。

日配品コーナーや特設コーナー(今はイースターだよ)をウロウロと主婦目線で値段を見て楽しんでいたとき、店内にアナウンスが流れました。

「ご来店ありがとうございます。3月も残り少なくなり、もうすぐ4月ですね。本日の特売品は・・・」

このアナウンスを聞いた瞬間、自分の心の中では、こんなつぶやきが出てきました。

『ちょっ、3月、まだ3日あるって。そんな早いこと4月にせんといて』

ここまで心の中でつぶやいて、笑いました。
時間の感覚とか、仕事をする感覚が変わったんだなと。

今、7つの習慣で言うところの第一領域が、それなりにあります。
そして、第二領域でやりたいこともあります。

やることが、いっぱい。
やりたいことが、いっぱい。

だから、そんなに早く3日間を過ぎさせないでよ。

つぶやいた瞬間、そんな気持ちだったように思います。

誰でも地球に住んでいる人は、1日は24時間。
その時間の進み方が「早い」「足りない」と感じることは、幸せなことです。

「仕事が無くて、暇で仕方ないわ」となるのはゴメンですからね。

こんな気持ちで年度末(実のところ、わたしは関係ないですが)を迎えられるのは、うれしい限り。

4月からも、まだまだ忙しくなって、一緒に仕事をする人が、もっと儲けてもられるようにしたいですね。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル