京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

新しい習慣をテスト中

      2017/03/20

新しい習慣をテスト中

新しい習慣にできるのか!?

先日、国会図書館へ行ったとき
脳科学の雑誌が置いてありました。

手にとってパラパラ読んでいると
茂木健一郎さんのインタビューが。

インタビューの中でおもしろいことを
されてるなと思ったところがあり、
さっそくそのひとつを一昨日から
習慣化できないかと実践テスト中。

ありがとうございます。日比野新です。

茂木さんが朝起きたとき「一番にすること」
みたいなインタビューだったのですが、

・近所のコンビニへ歩いて買い物に行く
・朝日を浴びる
・簡単な何かを記憶する

というようなことが書いてありました。

こういったことから一日をはじめると、
集中力が続くらしく、また午後からの
眠気も比較的少ないと。

これは自分でもやってみないと
と思ったのですが大きな問題が・・・。

「歩いていける距離にコンビニがない」

そうか、田舎では無理なことなのか。

そんな風に一瞬思いましたが、
いやいやこれは脳がやらない言い訳
引っ張り出してきたなと気づいたので、

「じゃあ、コンビニ抜きでやればいいじゃん」

と脳にやる理由をつけてあげました。

2つのことはできるのですから、
何か変化するかもしれません。

ということで実践テストに入ったということです。

ひとつ目の「朝日を浴びる」というのは、
とりあえず起きたらカーテンを開けるだけで実践可能。
いとも簡単に完了します。

そう、ただ開けるだけですから。

次、

ふたつ目の「簡単な何かを記憶する」ですが、
インタビューの中で茂木さんはこうおっしゃっていました。

「英単語を1つだけ1分やれば記憶できるでしょう」と。

なるほど、それなら私も英単語を・・・とはいかず、
私の好きな音感というかリズム感というか
優雅さを持っているスペイン語を選択。

英語話せないのにスペイン語とは
自分でもあきれる選択ですが、
好きなのを選ぶがよろしい
という単純な理由で決定。

ということで、

一昨日から始めたのでスペイン語の単語を2つ覚えました。

これ、意外と記憶できるみたいで、寝る前に

「明日の朝はこの単語にしよう」

と決めて枕元へ単語を書いた紙を用意。

翌朝、目を覚ましたらまず枕元の紙を
1分の間に何度も見て記憶するようにする。

それが終わったら起きあがって
カーテンを開けて朝日を浴びる。

2日目ですから習慣化できるのか
まだわかりませんが、まずは3日目突破を目指すつもり。

来年の1月に単語を何個記憶できているのか。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル