京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

セールスコピーを勉強すると、交渉も得意になることがわかった

      2017/03/21

交渉術

セールスコピーは交渉術も身に付くのだよ。

 

今日は私にとって、大きな一歩を踏み出した日になりました。

ありがとうございます。日比野新です。

ここ最近の5年間、システムエンジニア&プログラマーの仕事を「派遣」という非正規雇用でやっています。

そんな私が2014年の年末、セールスコピーに出会いました。
(詳しい内容はメルマガで話してますので、よろしければメルマガ登録して、読んでもらえたらうれしいです。)

それから1年3か月、約400日以上、毎日コピーを勉強し、写経をし、レターを書きました。
その結果、手に入れられたのがライティングのスキル。

先ほどもお話しましたが、現在SE業は派遣であり、契約期間は3ヶ月単位。
SEやプログラミングの仕事が嫌いではありません。
どちらかと言えば、好きな部類であり、得意なことであるのは事実です。

でも、私はセールスコピーを書くスキルを手に入れたことで、「お金を稼ぐ」という考え方が変わりました。
そして昨日、契約先に「6月以降は契約更新しない」という意志を提示することになったのです。

そうすると契約先から2日間に渡って、6月以降も継続してほしい、とか単価アップするからとか、条件が提示されました。

でも、私の意志は変わりません。
過去の私なら力任せに、相手との関係性を壊しても、自分の主張を押し通したことでしょう。
しかし、今回はセールスコピーを勉強したことが役だったのです。

その役だったこととは、、、

「交渉術」。

相手も私も出来れば良い関係で前に進みたい。

でも、どうしてもパワーバランスで一方だけが勝つようなことが多い。

そこで今回、私はセールスレターのように、事実と証拠、相手への寄り添い、そして相手が損しないオファー、そんなやりとりを2日間行いました。

その結果、相手も納得、私も納得、という条件が完成。

4月から6月の三ヶ月間を私は「派遣」で過ごし、その後は晴れて「独立」という道筋が出来上がったのです。

もし、セールスコピーを学んでいなければ、両者が納得のできる条件には、たどり着けなかったと思います。

でも、相手にも寄り添い、こちらの事をまっすぐな言葉で伝えた結果、前向きに進んだ。

セールスコピーのスキルは偉大だな。と、感じた瞬間。

もし、あなたも派遣や非正規雇用をやめたいと考えているなら。
そして、まだ、セールスコピーの勉強を始めていないのなら。

今日から、セールスコピーの勉強、はじめた方がいいです。
ほんとに、今すぐアマゾンで書籍買った方がいいです。

これは、私が今日、6月いっぱいでサラリーマンを辞める。
そう決断できたことが証拠です。

追伸
これからの三ヶ月間で準備を少しづつやってきます。
そんな準備の内容や、保険関係のことなんかも
ブログで書いていきたいと考えています。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル