京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

一枚岩と塗壁

      2017/03/21

一枚岩と塗壁

一枚岩と言えば「謎のモノリス」ですよね。

一枚岩とは、

組織や団体が、内部分裂や対立せずしっかりとまとまっていること
引用:weblio辞書

塗壁とは、

夜道で人間の歩行を阻む、姿の見えない壁のような妖怪の一種
引用:wikipedia

ありがとうございます。日比野新です。

この三日間の出来事を通して、自分の収益構造を今から具体化していく必要があるなと思っています。

現時点で
ボヤっとしている部分。
ハッキリしている部分。
ハズせない部分。

そんなことを整理し始めました。

で、なぜ一枚岩と塗壁なのかというと、

一枚岩になって一緒に始める人が見つかるまで行動しない、というのはヤバいよね。

かといって、
プランのかけらもなしに、闇雲に行動しても塗壁に阻まれたように動けなくなるよね。

ということで、今日のタイトルになっとります。

まずは自分一人で始めるところから。
どれだけ自分で第三者的に俯瞰できるのか。

そんなことも重要なのでしょうし、

私の特技でもある「きっちりちゃんとやる」をどこまで捨てられるか。
ということも大事かな。

「きっちり、かっちり、ちゃんとやらないプロジェクト」というのが、裏テーマになるかもしれません。

自分の強みは活かしつつ、きっちり線引きしない。

この辺りの“ええあんばい”を模索することが必要なのだと感じた6月末日でした。

追伸
2016年も半分が終わりました。
これから半年、どう過ごすか。

あなたは、どう過ごされる予定ですか?

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル