京都日々新のブログ

ITエンジニアと執筆業の京都日比野新事務所のブログです。

*

奈良基地祭の事前飛行で戦闘機が精華町上空を通過

      2017/06/09

奈良基地祭の事前飛行で戦闘機が精華町上空を通過

精華町上空を通過中(2017.05.29)

昨日の話です。

お昼過ぎのこと、

ジェットエンジンの独特な高音が響いたので、
空を見上げるとF15Jが2機、北から南の奈良基地へ
向かって飛行してました。

この飛行は、6月3日(土)に開催される、

航空自衛隊奈良基地祭

の展示飛行のための「事前飛行」。

奈良基地上空から精華町よりも少し北側までの空域を、
2回飛行していた模様。

飛行していた戦闘機を見ながら、こんなことを思い出しました。



私たちのほとんどは、戦闘機の轟音を聞くと、
めずらしいから上空を見上げることでしょう。

近所の3歳くらいのお子さんも、外へ出て見てましたから。

これ、今の日本での感覚。

しかし、時代が違えば、この音に敏感な人もいます。

すでに亡くなっていますが、
私の祖母は大正9年生まれでしたから、
このての音には敏感でした。

サイレンと爆発音にも敏感。
台風の進路にも敏感。

2度の大戦と2度の大型台風の経験。
敏感に反応して当然ですね。



そして思い出したのが、昔、ドキュメンタリーで見た映像。

たぶんシリアかアフガニスタンだったと思うのですが、
戦闘機の音は「恐怖の音」を表していました。

低空で進入する戦闘機の音は、その後に爆撃があるわけですから。
(今はドローンだから音がほとんどしない。)

いっぽう、日本では戦闘機は憧れでもあり、
あの甲高いエンジン音は、うるさくても恐怖には感じません。

今すぐ逃げないといけない「音」ではありません。

でも、飛んでいるものは、どの国でも同じなわけでして。

同じものでも、文化や背景、時代や状況によって、捉え方は全部違う。

この感覚は忘れてはいけないなと。

身近で小さなことなら、

夏休みの期間は日本の小学校でも
地域によって違うということと同じですね。

戦闘機を見て

「かっこええ~」
「乗ってみたい」
「速いな~」

という憧れと感想を持てることは、それだけで幸せなことだと思います。

★オススメ関連記事★
6月3日の本番飛行の話はこちらからどうぞ。

 

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル