京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

「みたらし祭」で気づく、セールスコピーライターに最も必要なスキルとは

      2017/03/20

2016年みたらし祭

2016年のみたらし祭は7月23日~7月31日まで

今日は、朝の5時30分から京都の下鴨神社で行われている「みたらし祭」に行ってきました。

昨日から若干風邪気味ですが、7月23日~7月31日までのお祭り、

 「あ~、あのとき、行っとけばよかった!」

 と後悔したくないので、今年もお参りに。

ありがとうございます。日比野新です。

下鴨神社 みたらし祭(御手洗祭)とは

世界遺産である下鴨神社の夏の風物詩。
平安時代、季節の変わり目に貴族が禊払いをして、罪、けがれを祓った。
というのが起源のようです。

現在は土用の丑の日に御手洗池の中に足をひたすと、罪、けがれを祓い、疫病や安産にも効き目があると言われています。

裸足になって御手洗池をすすむ神事「足つけ神事」があり、膝まで浸して無病息災を祈ります。

こんな京都のお祭り。
夕方から夜にかけてのお参りは、すごい人出になるので、私は毎年早朝にお参りへ行っております。

で、今日は現地へ6時に到着。
お参りの人出も少なくパラパラ。

下鴨神社の境内では、夏休みに入った子供たちの「ラジオ体操」が行われておりました。

そうか、ここはCDではなく、リアルタイムにラジオ放送で体操するのか。

まさに「ラジオ体操」であります。

「ラジオ体操」を横目に、賀茂御姐神社(かもみおやじんじゃ)へ入り、さっそく「みたらし池の足つけ神事」へ。

これから「みたらし池」に入るところがコレ↓

2016年みたらし祭入口

ここから入って行きます

膝まで浸っているところがコレ↓

2016年みたらし祭池の中

膝まで浸って歩きます

水温は思いのほか冷たく、高野山の水行ほどではありませんが、足の芯まで冷えてきます。

お参りするのがココ↓

2016年みたらし祭社

ここに向かって祈願します

ここでローソクをお供えして、無病息災を祈願します。

今日は若干風邪気味だということもありましたが、フリーのセールスコピーライターに最も必要なスキルは、「いつも健康でいられる」スキルではないかと、お参りしているときに頭をよぎりました。

・たくさん書ける
・はやく書ける
・うまく書ける

どれも必要ですけど、万全の体調でないと文章を書くという行為は意外と進みにくいもの。

毎週の納品なら、毎週コンスタントに書けること。

毎月の納品なら、毎月コンスタントに書けること。

こういったことを実現しようと思うと、体調管理はとっても大事。

そんなことを、今回のお参りで教えられた気がしました。

たぶん今年の2月に人生初の「インフルエンザ」になったときにも、同じようなことをブログで書いていた記憶があります。

でも、人は時間が経って、特に健康に暮らせていると次第に忘れています。

それを今回の「みたらし祭」で思い出せたのは大きなことだと思います。

ということで、今日はお参りして家に戻ってからは仕事をせず(ライティングせず)、そのまま寝て身体を休養させました。

まだまだこれから夏本番ですから、体調管理には十分に気をつけて、コンスタントに活動していきたいものです。

あなたは、
体調管理が出来ていますか?
寝不足や体力不足はありませんか?
頭の中がいっぱいいっぱいになっていませんか?

そういうときには、神社へお参りしてみると、何か気づきがあるかもしれません。

ということで、セールスコピーライターに最も必要なスキルとは

『体調管理 健康管理』

だと思います。

あたりまえ、だけど、忘れがちなことですね。

追伸
毎年の夏の行事です。
京都に近い方は、今週末までは行けますよ。
遠方の方は、来年お参りしてほしいですね。

早朝のお参りなら、鳥のさえずりとセミの鳴き声が溢れてます。
夜は出店と人でいっぱいなので、風情は減少します。

おすすめは早朝です。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル