京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

印象操作

   

印象操作

印象操作

昨日から梅雨入りした京都府南部です。

梅雨入りすると、毎年耳にするのが

「今年の梅雨入りは、去年より○日遅れです。」

とか

「今年の梅雨入りは、去年より○日早いです。」

という解説。

でも、よくよく聞くと、発信しているメディアや番組、キャスターによって違うんですね。

 

同じでも違う

例えば今年の梅雨入りの場合、あるメディアではこうでした。

「今年の梅雨入りは、去年より3日遅れです。」

しかし、別のメディアではこうでした。

「今年の梅雨入りは、例年並みです。」

 

受ける印象が違う

おもしろいですよね。

同じ「現象」を言っているのですが、受けての印象は全く別です。

「今年の梅雨入りは、去年より3日遅れです。」

と言われると、

「あ~、去年より3日遅かったのか~」

と感じます。

でも、

「今年の梅雨入りは、例年並みです。」

と言われると、

「まぁ、そんな感じかなぁ」

と思います。

これ、印象操作ではないでしょうか?

 

意図してる?

この印象の違い、意図的で無いなら良いのですが、もし、意図的なものだとすると、少し怖いなと。

知らない間に、情報操作だけではなく印象操作までされ、「感じる」ということすら、予定されたところへ着地させられているように思う次第。

いやいや、気をつけて見ると、いろいろなところで「印象操作」されているんですよね。

この「わずかな違い」を、セールスレターで活かしたいものです。

 

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル