京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

「やりたい」にもレベルがある

   

「○○をやりたい」

この言葉だけを聞いても、
その人がどれくらいやりたいのか
正直わかりません。

というのも、
「やりたい」にはレベルがあるから。

例えば楽器がわかりやすいかと。

レベル0:音楽を聴いた楽しむリスナー

レベル1:楽器やりたい!家で一人で練習

レベル2:数人で練習

レベル3:バンドなどでスタジオで練習

レベル4:人前で演奏(発表会など)

レベル5:人前で演奏(お金貰う)

レベル6:感動を与える演奏

人それぞれに「やりたい」のレベルがあります。

レベル1で十分な人もいれば、
レベル6を目指す人もいます。

そして、それぞれのレベルを上がるとき
壁が出てきます。

一番高い壁は、レベル4から5へ上がるとき。
だいたいは、ここを超えられません。

だから、お金を貰わない
発表会は人気があります。

 

なぜ、ここが壁なのかというと
お金を貰っていますから
「評価」されることになります。

第三者に評価をされる。
単純に理屈ではない好みで評価をされる。

だから怖くて超えられない人が多い。

 

で、これは
ライティングでも同じだと思います。

ライティングもお金を貰うところを
超えられない人が多いと感じます。

否応無く評価されますからね。

 

僕も過去、セミナーとかで知り合った
ライター志望の方に何度か

「○○円ですが書いてみませんか?」

と声をかけさせて貰ったことがあります。

でも、みなさん、実際にお金の話に入ると

「まだまだなんで・・・。」

といって受けてはくださりませんでした。

 

レベル4から5へ超えられないんでしょうね。

 

ライティングで稼ぐ!

という人がいますが、
自分の「やりたい」がどのレベルを
目指しているのかを知っておくことが
大事だなと思います。

 

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル