京都日々新のブログ

48歳で会社員を辞めて起業した元SEの記録

*

こんなん持ってた

      2017/03/21

こんなん持ってた

なぜ買った?こんなん持ってた。

来年用の手帳を購入しました。

・フランクリン手帳
・ほぼ日手帳
・モレスキンのダイアリー
・ロディアのダイアリー

というものではなく、
普通の1日1ページの手帳を購入。

手帳を購入して家に帰って本棚を見ていると
「あっ、こんなん持ってた」という本が。

ありがとうございます。日比野新です。

2014年11月下旬に購入したと思しき書籍。

『7つの習慣に学ぶ手帳術』

フランクリン・コヴィー・ジャパン監修

本の帯でコヴィー博士が微笑んでおいでです。

何を思って買ったのか、
今となっては全く思い出せないのですが、
手帳を上手に使いたかったのかなと。

そうは言っても2014年は手帳を持ってなかった
気がするので、どんな心境の変化で買ったのか。

この本を買う前に「7つの習慣」を読んでいた
ということもありませんので、いったい・・・。

まぁ、何かの縁というか先行投資をしていたのかも。

そんな風に解釈し、新しい手帳も購入したので
ちょっと読んでみようとパラパラと読み始めたのですが



ん~、これは、
私の手帳の使い方は「ダメ」パターンだった模様。

この書籍では、1日1ページの手帳を奨めていない。
ダメだとは言ってませんが、できることなら

「1週間が横に展開しているのがよろしい」と。

やさしくフォローも入ってまして、1日1ページの人は
フセンを活用しましょう、と提案されています。

コヴィーさん、やさしいやん。

読み進めていくと

・予定には第2領域を先に入れましょう
・まずは最初にミッション・ステートメントを書きましょう
・あなたの役割を書きましょう
・刺激にすぐ反応しないようにしましょう
・堂々とノーと言えるようになりましょう

などなど、短く簡単に書かれています。

この書籍は「フランクリン手帳」を販売するための
フロントエンド商品なのか、手帳の活用指南書なのか。

いらんことは考えずに、では早速と思いまして、まずは

 「ミッション・ステートメント」

を書き出す必要が出てくるのですが、、、、、

はい。

残念ながらここで・・・停止。

コヴィー博士の言葉を借りると

「ミッションがなければ人生の方向性が定まりません。」

ということらしい。
また、コヴィーさん、
さっきとは違って厳しいことをおっしゃいます

「梯子を掛け違えていたら、1段登るごとに間違った
場所に早く近づいていくだけである。」

だから「ミッション」を最初に
書き出さないといけませんよ。

と、おっしゃっているのでしょう。

コヴィーさん、すいません。
今、自分のミッション、わかってないです・・・。

世の中の人たちは、ミッションわかってるの?
書けちゃうワケ?

すごいな・・・。


日本独特の文化である

「年が変われば新たにスタート」

へ間に合うよう、年内にミッションを書き出そう。

と思いました。

このブログをお読みの皆さんは、そろそろ来年の
ミッションの書き出しが完了されているのでしょうか。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル