京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

カマー・タージで修行できるか

      2017/03/19

カマー・タージで修行できるか

出典:マーベルスタジオ

2回観に行ったマーベル映画「Dr.ストレンジ」ですが、
映画の中で印象的なやりとりがありました。

なるほど、その通りだよな~、感心しながら観ていたのですが
現実世界に視点を移すと「やらない」人が多いなと感じます。

ということは、多くの人は「カマー・タージ」での
修行はできないということです。
もったいないなぁ~。魔法陣から武具を出せるのに。

ありがとうございます。日比野新です。

どんなセリフだったのかというと、うろ覚えになっていますが
こんな感じのやりとりでした。

エンシェント・ワン(最高の魔術師):
(Dr.ストレンジの目の前で魔術を見せる)

Dr.ストレンジ:
「この魔術を私が修得できるとは思えない」と発言。

エンシェント・ワン:
「あなたは、脳外科医の技術をどうやって身につけましたか」と質問。

Dr.ストレンジ:
「必死に学び 実践する」と返答。

エンシェント・ワン:
「魔術も同じです。」

そうだよな~。
「必死に学び 実践する」なくして、身にはならないよな~。

そんなことを思いました。

多くの人は自分が何かを「やろう」と思ったことについて
「勉強」するのは大好きです。

でも、「必死に学び 実践する」人は少ないなと。

特に「実践する」ことは、
・労力を伴うことかもしれません。
・時間ばかり掛かって成果が見えないことかもしれません。
・単純に面倒かもしれません。

だから、多くの人は「実践」しなくていい理由を探します。

・これが足りないから、まだ実践できない。
・これの調べ方がわからないから、実践に時間が取れない。
・こっちを快適にしないと、実践がはかどるとは思えない。

まぁ、ね。
人それぞれなので、いいんですけれど「実践」をやらずに
「できた」人はいないと思うんですよね。
それも「必死に学び」ながら。

何かが足りなくても、
やれる道具が最低限揃っているのなら、やればいいんです。

簡単、シンプル、わかりやすい。

でも、多くの人は「やらない」んだろうなぁ~。

だから「やったもん勝ち」なのかもしれませんけど。

そんなことを「Dr.ストレンジ」を観ながら思ったことを
思い出したので書いてみました。

まだ他にも印象に残ったところがあったので、
思い出したら書こうか。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル