京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

ワードプレスで子テーマは必要か

      2017/03/20

ワードプレスで子テーマは必要か

ワードプレスで子テーマは必要か

知り合いからメールで、こんな問い合わせがありました。

「ワードプレスを使おうしているけど、親テーマと子テーマがわからない」と。

あ~、確かにネットで「ワードプレス」関係を検索すると、必ず「親テーマから子テーマを作って使いましょう」という啓蒙活動が行われています。

でも、本当に「子テーマ」が必要なのかというと・・・。

ありがとうございます。日比野新です。

完全な私見の話ですし、完全な自分の経験からの話ですが、一般的なワードプレスの使い方なら「子テーマ」は必要ないと思っています。

人はどうしても「複雑」にすることが大好きです。
ちょっとしたことに「こだわっている」ということで、複雑にしたがるのですが、他人は気にしていないことが多いです。

特にワードプレスのデザインを少し変えたくらいでは、何も変わりませんし、今、メジャーになっているテーマだったらSEO対策も普通に出来ていますから。

だから、子テーマが必要になるのは
・デザインをどうしても変えたい(CSSを変更したい)
・動きを変えたい(PHPを変更したい)

大きくみると、この2つのときくらいですね。

おそらく「セールスライター」を始めようと思い立って、いろいろと教材を買うと「アウトプットのためにブログを始めましょう」という誘いが出てくるのですが、このとき、ワードプレスのテーマにこだわってしまうのです。

そして「子テーマ」を使わないといけなさそう・・・。
と思い込んでしまって、アレコレとワードプレスを勉強して・・・、

気がつくと肝心の「ブログを書いてない」という人も多いのではないかなと思います。

ワードプレスのテーマなんて、というと誤解がありますが、最初は「Twenty Seventeen」で十分です。

タイトルを入れて、トップ画像を入れて、パーマネントの設定だけは「バズ部」さんのページを見て設定を合わせて。

これだけで、まずはブログを書いてみるのが先決かなと思います。

今月、2月3日にグーグルが行った検索結果順位の対策で、ますます「内容」が重視されてきているので、テーマをコチョコチョさわるよりも内容を重視した方が後々効いてくると思うのです。

そうは言っても、どうしてもデザインを変えたい!という場合には、その分野に詳しい人へ頼むのが得策かと。

もしくは、有料のテーマを購入するかですね。

今の「CSS」「HTML」「PHP」は、全部の関連性がわからないと、正しく手を入れられません。

パソコンでは表示出来ているけれど、スマホだったら崩壊。
なんてこともありますから、

・PHPとCSSとHTMLとJSなどのコードの書き方を勉強して
・どこに書くかを見つけて
・様々なデバイスでの表示を確認してテストする

そんな時間を考えると、お願いした方が自分のやるべきことが出来ると思います。

ということで、一般的に使うなら「子テーマ」はいらんだろ。
と、私は考えています。

まずはアウトプットすることが先決かなと。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル