京都日々新のブログ

ITエンジニアと執筆業の京都日比野新事務所のブログです。

*

まずは呑む。智頭合宿1日目(前半)

      2017/03/23

智頭合宿1日目(前半)

那岐小学校2階からの風景

10月14日(金)、午前8:30に新大阪へ集合。
わらしべ・デニーロ・RYOさんのワンボックスに7名が乗って鳥取県の智頭へGO。

参加者はというと、

リーダーでタイ在住のトラベラー、ビーコン小野さんを筆頭に、
・関東→2名(老後セレブ・みずほっち、Dr.DEATH)
・大阪→2名(sweeperさささ、ミスターG
・奈良→1名(わらしべ・デニーロ・RYO)
・京都→1名(わたし)

以上7名が、それぞれの場所から集まりました。

普段の生活環境や経歴、学歴や趣味、年齢なども違う7名が集まるということが、それだけで不思議なことです。

一般的に考えると、一生出会わない7名とも言えます。

ほとんどの人の場合、
・趣味が一緒
・会社が一緒
・学校が一緒
・同じ地域
など、濃い共通項がありますが、この7名にある共通項はというと

『コピーライティング』

そして、

『時間と場所と収入を自分で決める』

という部分。

それぞれの最終目標や目的は違いますが、この共通項でビーコン小野さんの元に集まった言えるでしょう。

そんな7名を乗せて、デニーロ・RYOさんの車は、中国道へ入って西へ走り出しました。

平日金曜日の午前9時くらいですから、高速道路もお金を払う理由があるくらいスムーズに進みます。

80km安定走行でストレスなし。
燃費がリッター12kmを示してました。

10時くらいに「加西サービスエリア」に到着して休憩。

なぜか小野さんが「名物」とのぼりが上がっていた「コロッケ」を購入。
しかし加西には、そんな名物は無かったと思うぞ。

30分ほど休憩して、再び中国道へ。

車の中では、コアバリューとは
・「考えて出すもんじゃないよね」とか
・でも「無理に考えて理由をつけちゃうよね」とか
・「考えることで、カッコイイことにしようとするよね」とか

そんな話が展開されました。

でも、話の半分くらいは難聴のビーコン小野さんには聞こえていないらしく、小野さん専門の通訳である「Dr.DEATH」が、要約ではなく要点のみの超訳をしてくれてました。

しかし超訳なので、少し誤解を生む翻訳になることがあるため、今後のメンテナンスが必要という声もちらほら。

中国道を降りて国道を北東へ向かい、12時過ぎに今日の第一目的地である「智頭町立那岐小学校」へ到着。

閉校された小学校を事務所にされている、ビーコン小野さんのお知り合いであり、今回の合宿の特別ゲストである「ワイルドサイドの島田さん」のところへ訪問。

あいさつや自己紹介を済ませて、隣にある「タルマーリー」という自家製天然酵母を使ったパンとビールのお店へランチに。
http://talmary.com

タルマーリー

タルマーリー

自家製のハンバーガーとピザ、そしてビールを真っ昼間から頂くという、勉強会やセミナー、合宿にはないパターンからスタート。

そういうと、この講座、第一回目も昼からベルギービールを呑んでたな。

そして、再び隣の小学校へ戻って、ディスカッションが始まりました。

ディスカッションが始まってすぐに、島田さんから飛び出した言葉が印象的であり、私はその言葉が大変気にいりました。

ただ、その言葉をここで書くことは、あえてしないでおこうと思います。
たぶん、その場での文脈が共有されていないと誤解を生むかもしれないから。

人は自分に都合の良い方に解釈したがりますからね。

衝撃的なスタートを切ったディスカッションが、ゆる~く、ゆっくり、進行して、時計が16時を指したころ、再び島田さんの提案でタルマーリーへ。

本日2回目の自家製ビールをお店の外のスペースで飲みながら、「一番大切にしていること」という『sweeperさささ』さんの発言が元となって全員へ。

島田さんがうまく質問を展開してくださったので、おもしろい話が出ていました。

ゆっくりと太陽が山に隠れ、横の芝生ではタルマーリーのご主人が学校から帰って来たお子さんとサッカー中。

ビールを呑んで、スコーンを食べて、ゆっくりと流れる時間。

「そろそろ戻りましょうか。」

ということで、移動するも反応速度とか歩く速度がイキなりスローになっている気がしました。

まだまだ続く合宿1日目。

続きは明日。
(続きのブログはこちらへ)

それでは、また。

セールスライターで起業したいなら、この無料メルマガを読んで見てください↓
[wysija_form id=”2″]

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル