京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

子育ての悩み解決に必要なのは「親子の絆強化」こんなサービスも出来るんですね

   

子育ての悩みに解決に必要なのは「親子の絆強化」こんなサービスも出来るんですね

出典:ばけおに

子育てと言えば、多くの人の悩み多い課題だと思います。

特に「しつけ」に関しては「ほめ方」「叱り方」など、ほとんど出尽くした感があるくらい、同じような情報が大量に出回っていると思います。

正直「もう、これ以上、方法なんか無いよね?」と感じている方も多いのではないでしょうか。

でも、世の中には、少し切り口を変えたり、他の事と組み合わせることで新しいサービスが登場するんですね。

 

1. 驚くサービス

ネットで偶然ですが、こんな「しつけ」サービスを発見しました。

対象年齢は、3才~5才。

そのサービスとは、、、

『【訪問型】「しつけ鬼」サービス「ばけおに」』

なんと「なまはげ」に酷似した「ばけおに」が、親子の絆を深めてくれるサービス、らしい。
それも、家までやってきてくれる。

そして、このサービスの重要なポイントは、

子どもの「しつけ」に悩んでいる原因は、

『親子の絆が深まれば、自然になくなっていくもの』

ということらしいです。

では、なぜ、そうなるのかというと、、、

 

2. 守られる安心感

「親から守られる安心感」があったこそ「しつけ」が機能する。

だから、まずは親子の信頼関係を作ることが大切。

そして、信頼関係を作るサポートが「ばけおに」である。

というのが、サービスの根幹のようです。

なかなか、理にかなった話です。

「しつけ」という戦術が先ではなく、まずは親子の間に「信頼しあえるマインド」を作り上げよう。
そんなことなのでしょう。

 

3. なぜ「ばけおに」なのか

そもそも、現在の「しつけ」は、スマホアプリで行われていることが多い。

ここに「ばけおに」は目をつけられたようです。

そして、スマホアプリでは、親は子どもを守る側になれない。
守る側になれないということは、絆を深められない。

ということは戦術的な「しつけ」をしても不十分になる。

なるほど。

 

4. 「ばけおに」はニッチなのか

ここでよく考えてみると「ばけおに」は、「しつけ」という戦術を提供するのではなく、「しつけ」の前段階を整えるサービスだということがわかります。

「しつけ」を良いものにするために、まずは親子の関係性を深めましょう。

この部分が売りです。
「しつけ」が売りではありません。非常にニッチな部分ですよね。

女性と付き合う方法を教えるサービスではなく、付き合う前に必要な「声の掛け方」だけを教えるサービスと同じです。

 

まとめると

なかなかおもしろいサービスですし、ニッチな「しつけの前準備」というのも、意図的なのか偶然なのかわかりませんが、そう言われれば必要な部分だなと気づきます。

これはビジネスを始める前に、セルフイメージやマインドが大事だと言われるのと同じですね。

すでに同じジャンルに様々なサービスが存在していても、切り口を変えたり、他の事と組み合わせることで、新しいニッチなサービスが出来上がるんだなと。

ぜひ「ばけおに」のホームページをご覧頂きたいと思います。
なんと言っても、HPの男の子がマジでビビってるのが印象的です。

【訪問型】「しつけ鬼」サービス「ばけおに」のサイトはココから。

 

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル