京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

ブリューゲルの「バベルの塔」を観てきました

   

昨日のことです。

大阪の国立国際美術館で現在展示されている

ブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきました。

 

「バベルの塔」と聞くと、
私の世代は「バビル二世」ですが、

当然
・バビル二世(浩一)
・ロデム
・ロプロス
・ポセイドン
・うさぎロボット

そして「ヨミ」

は登場しておりません。

 

しかし、

 

脅迫的なまでの細かい描き込みに共通点を持つ

大友克洋氏が描く「バベルの塔」があったのには
ちょっとびっくりしました。
(アキラくんは中心に居るんでしょうか?)

 

美術館の中を見て回りながら
「バベルの塔」の実物を目にすると感じますが

「あんなに小さいキャンバスに1400人ほどの人が描かれている」

ということに驚きます。

 

そして、人だけではなくて、船や建設機材、農村までも・・・

う~ん、AKIRA顔負けです。

 

また「バベルの塔」以外におもしろいのが

「金銭の戦い」

という版画。

400年以上経った現在でも、
同じことが繰り返されているのが
なんともシュールです。

 

そしてもう一つおすすめなのが

「放浪者(行商人)」

と呼ばれている油絵。

この絵は、この時代の行商人の
生活状態を細かく表していますし

この時代の風俗性も細やかに
表現されているのが興味をひかれます。

さらに、この放浪者の視線が意味ありげなんですね。

この放浪者は、後ろの売春宿が気になっているようで。
お客だったのか、通行人だったのか。

そこはわかりませんが、
いつも人は、こんな誘惑と出会いながら
人生を選択し続けているんだろうなという

これもナナメな皮肉を感じるものでした。

 

10月15日まで、大阪・中之島にある

「国立国際美術館」

で催されていますので、普段と違った
雰囲気や感性を感じたいなら

足を運ぶと楽しめると思います。

 

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル, ネタ雑記帳