京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

5万905件不正ログイン|これでもまだ、アメブロを使い続けるのですか?

      2017/03/22

アメブロ不正ログイン

アメブロ、本当に大丈夫か?

2016年5月11日に、ひっそりと発表がありましたね。

アメブロでの不正ログイン。(元記事はこちら)リンク先が切られてたらゴメンナサイ。

ありがとうございます。日比野新です。

今回はログインされちゃって、個人情報を閲覧されただけで、
ブログとかプロフィールは不正に変更されていませんから、安心してくださいね。

という感じの発表に受け取れたのですが、どう思われますか?

そもそも、不正ログインされたユーザーにのみメールで連絡し、他のユーザーには連絡もなければ、アメブロのトップ画面やログインした管理画面の上にも表示がない。

これはいかがなものなのか?

システム屋の視点から見ると、ヌケヌケなセキュリティであるということが露見しているようなものです。

だいたい不正アクセスが一定時間内に起こったら、アラート上がるだろ?
>>保守運営チームよ!

と、そんなことを思ったのですが、そんなアメブロ側のシステムは、私にとっては正直どちらでも良いのです。

私がお話したいのは、このようなことが発生しても、まだ、

・無料だから
・読者登録が多いから
・いいねを押してもらえるから

理由は何でも構いませんが、他人に自分のコンテンツを管理されていて大丈夫ですか?ということです。

もし、今回の不正ログインで、記事の内容がすべて削除されていたら。
もし、今回の不正ログインで、不正な書き込みがありロックされたら。
もし、アメブロの処理ミスで、ブログがロックアウトされたら。

何年もかけて育ててきたコンテンツが、一瞬で消滅するのです。

アメブロに言って、バックアップから戻してもらう。
可能ならば、やってもらえるでしょう。
しかし、それは一部のユーザーに対してだけのサービスとなるかもしれません。

そんなことを考えると、スタートアップ時にはアメブロは良いかもしれません。
でも、長い目で見ると独自ドメインで運営するのが最適なのは自明の理。

今回、こんなことが発生しても、まだアメブロを信じて使い続けるのかどうか。

それはあなた次第ですが、次の不正ログインが発生しないとも限りません。

まずは、アメブロのパスワードを複雑なものに変更しましょう。(ココ大事です)

そして、アメブロ以外での運営をそろそろ考えることが必要ではないでしょうか。

今回のブログの内容は、あくまでシステム屋としての個人的な主観です。

でも、今回のアメブロの対応を見れば、、、わかりますよね?

後は、あなたが判断するだけです。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル