京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

あなたはこんな姿勢になっていませんか?

      2017/03/21

内転筋

内転筋を鍛えよう!

朝から近くの整骨院さんへ行きました。

身体の右側に痛みとツッパリ感があるので、最近通院しています。

痛みとツッパリの原因は、自分の骨格に歪みが出ているからなんですが、普段はそんなこと気にしていないというか、無意識の領域ですから「知らんやん」というところです。

ありがとうございます。日比野新です。

首から肩甲骨、脇から腰まで「ズレ」ているようなんですが、特に危ないのが「右の腰」らしい。

で、この「右の腰」のズレの原因は、20代のときにバイクで転倒したことだろう。と思う。
鳥取県に入る手前の「香住」というところで、砂を踏んでそのまま転倒したときの古傷なのはわかる。

しかし、今は、その原因プラス、「内転筋」が弱っていることが理由だと判明。

ちなみに「内転筋」とはココ↓の筋肉です。

内転筋の図

内転筋の図

内腿のところですね。

ここが弱っていると、

足が外に開く傾向にある。

そうすると、股関節に負担が掛かる。

だから腰が痛くなる。

アンド

足の裏の外側(小指側)で歩くようなバランスになってしまう。

で、足の親指側の筋肉に負担が掛かって、親指が痛くなる。

という、完全に負のスパイラルに突入するという、まったくもってよろしくない。

で、なぜこんなことが起こるのか、ということに着目しましょう。

その理由は、

『足を組む』

という動作。

椅子に座ってライティングしていることが多いですから、無意識に足を組んでいることが確かにあります。
意識しているときは、組まないように注意しているのですが、ライティングに集中しだすと・・・危ない。

足を組むから歪みが出て、歪みが出るからバランスを取ろうと足を組む。

これもスパイラル、「卵が先か鶏が先か」ですね。

結局、ここ3回は骨格調整をしていただいて、だいぶマシになってきました。

後は普段の生活で「内転筋」を鍛えると、股関節への負担が減り、足を組むこともなくなるでしょう。とアドバイスを頂きました。

やっぱり、ライターは身体が資本ですから、こういったところも整えておいた方がいいなと、つくづく感じています。

姿勢が良くなると、視点の高さが変わりますし、視界が広くなりますから。

あなたの姿勢、歪んで視界が狭まってない?

それでは、また。

セールスライターで起業したいなら、この無料メルマガを読んで見てください↓

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル