京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

教科書で10年間だまし続けられる写真のチカラ

      2017/03/21

漢委奴国王金印

漢委奴国王(わのなのこくおう)めちゃデカそうな金印

今日の話はトリックです。

「漢委奴国王(わのなのこくおう)」の金印をご存じかと思います。(上の写真参照)

小学校の社会の教科書に載っていた(と思う)あの金印。
江戸時代、農作業中に偶然発見されたと言われている金印。

この金印の実寸大チョコを福岡市博物館がチョコレート専門店と協力して制作した、と今日の新聞に載ってました。

これだけを聞くと、実寸を知らない人は、どれくらいの大きさのチョコだとイメージするでしょうか。

私はこの金印、教科書の写真しか見たことがなかったころ、最低でも10cm×10cm、重さも1kgはある金印だと思っていました。

「そら、こんな大きな金印に鍬とかあたったら、わかるよな。」
そんな風に中学時代までは確信をもって納得していたのです。

しかし時が流れて、その金印の本当の大きさを知るときがやってきました。

それはおそらく高校のときだったと思います。

どういう経緯で知ったのか覚えていないのですが、何かの書籍に大きさが書かれていたのを覚えています。

そして、知った大きさとは、

1片の大きさが2cm強。
重さは108グラム。

「はっ?むちゃくちゃ小さいやん」

よくそんな小さいものを発見したな。
(キラッと光ったんだろうか?)

そして同時に、教科書の写真の魔法に騙され続けてた、という事実を知ることに。

「百聞は一見にしかず」と言いますが、この件に関してはトリックだろ。

ずーっと、たぶん10年間は、10cm四方の、大きく、そして重い金印だと思ってた。

それが実際は2cm強だったとは、、、。

 

そんな写真のパワーというか、写真のトリックを学んだ10代後半だったなと、今日の新聞で思い出したのでした。

教科書で10年間も騙し続けられるくらい、写真のイメージは強いということが立証されていますから(自分だけか?)、ブログもメディア記事も写真は手を抜いてはいけないなと。

文章だけで伝えるのではなく、写真で伝えられることは、写真を使う。

伝えるための基本は文章だけではない。
アップの写真が有効だ!

追伸
実は、この話にはもうひとつマーケティングの話があるんですが、そっちはメルマガだけにしました。

ご興味ある方は、無料メルマガへ登録してみてください。

たまにブログでは書かないことを、メルマガで書きますので。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - SEO