京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

視野を広げるタイミング

      2017/03/22

視野を広げるタイミング

視野を広げてる?それともアレコレ迷ってる?

セミナージプシーや情報商材の餌食になる原因。

この原因のひとつはコレだよね。

『視野を広げるタイミング』

視野を広げることが、どうして原因なのかというと、視野を広げることがダメだということじゃありません。

視野を広げることは「必要」です。

でも、視野を広げるタイミングがあると思うのですよ。

ありがとうございます。日比野新です。

例えば

1. 「セールスコピー」を知った。
(ダイレクト出版とかから)

2. 教材を買ってみた!
(だいたい書籍だ)

3. ちょっと高額商品を買った
(バッグエンド商品ですな)

4. セールスコピーを勉強する。
(勉強ですよ、アウトプットじゃありません)

5. インターネットを使ったビジネスの方法を知ってしまう。
(知らない方が幸せということも、世の中にはたくさんあります)

6. アフェリとかセドリとかも目に入る。
(すぐ儲かりそう、ウヒョ!)

7. そっちに興味が行く。
(新しい教材買う)

8. セールスコピーの勉強は置いてけぼりになる。

9. でも、結局、アフェリもセドリもイマイチ。

で、

10. 次の商材へ。

だいたい、こんな感じです。

で、思うんですが、まだセールスコピーを勉強してアウトプットをしてない時期に「視野を広げる」ことが、こうなる原因じゃないかと。

アフェリもセドリも知らなかったら、心穏やかにセールスコピーを勉強できていたのではないかと。

そんな風に思うんですよ。

これは「セールスコピー」に限ったことじゃないとも思うんです。

でも、ネットでちょっと検索すると、アレコレと儲かる系の話しがあったり、あちこちでセミナーがあったり、簡単に教材が手に入ったりするので、誘惑が多いのも事実です。

そこで、一旦、外部からの情報を「遮断」してみてはどうか。

そして、自分が信じた教材と「人物」に入れ込んで、それだけに集中したら楽になれると思うんですよね。

こういう言葉があります。

『同時に二人の師匠にはつけない』

知識や方法を沢山知っていることは、選択肢を増やすことですから非常に有意義。

でも、この情報に触れるタイミングが重要ですわ。

目の前にチラつく「人参」に意識を向けない、というのは、ストイックなのかアホなのかわかりませんが、まずはスルーできれば勝ちかと。

もしくは、マッチョに「人参」にかぶりついて「全部いただく」というのも方法かと。

中途半端にやるのが、一番アカンのだろう。

まずは、両極のどちらかを選んでみてはいかがでしょう。

あなたはどっちの極を選びますか?

それでは、また。

本音と自分の名前で人生を進みたいなら、この無料メルマガを読んで見てください↓
[wysija_form id=”2″]

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - マインド