京都日々新のブログ

ITエンジニアと執筆業の京都日比野新事務所のブログです。

*

できる男はスマート支払い

      2017/03/21

できる男はスマート支払い

スマートに払ってる?

今朝は3つ向こうの駅にあるカフェへ。

9:30くらいに入ると、お客さんは70代以上ばかりでした。

いつから高年齢化したんだココ。

ありがとうございます。日比野新です。

アメリカンを頼んで、今月から始まったニュースレターのリサーチと下書きを考えながら店内を見回すと、私の右斜め前の席に70代後半のご夫婦がモーニングを食べていました。

私はアメリカンが来たので飲んでいると、70代後半の男性一人客が来店。

一人客の男性はゆっくりと歩きながら、私の右斜め前の席の男性に近づいていきます。

ひとこと二言話して、スポーツ新聞の記事を指さし、奥さんへも話しをして、私の左横の席へ。

一人客の男性は、モーニングを注文。
また立ち上がって、喫煙OKの場所へ歩いていき一服。

戻って来るときに新聞を2つ持って席へ。

モーニングが男性に運ばれてきたので、コーヒーを飲みながら食べておられると、私の右斜め前のご夫婦が帰り支度を始めました。

ご夫婦の男性が席を立ち、私の左横に居る「一人客の男性」に向かってゆっくりと進んできたと思ったら、

「先、帰るわ」とあいさつするかのようにしながら、サッと「一人客の男性」のレシートを持って、

「払とくわ」

と小さな声で言って去っていきました。

なんとスマートな・・・。

おごられた一人客の男性も「ありがとう」と一言。

よくレジ前で

 割り勘にするとか、
私が払うから!とか、
消費税の1円が合わない!とか

言ってる人達やグループに遭遇しますが、雲泥の差であることは明白です。

お金の支払いを見ると、その人のスマートさが一目瞭然です。

そんなことを思って見ていて思い出したのが、林真理子さんが以前エッセイで書かれていた内容。

「お金の支払い時には、知性も教養も、その人のすべてが表れるのだ」

というタイトルのエッセイ。

簡単に内容を言うと、何人かでランチを食べるとする。
すると、こんなことによくなる。
・レジに行って、一人一人払えば、という意見
・テーブルで全員分を精算する、が、ビールを飲んだ飲んでないで不公平だともめるパターン
・林真理子さん的、第三の方法、「もう私がご馳走するから」と伝票をとる

金額にもよりますが、やはりスマートなのは「3つめ」。

この部分を「その人のすべてが表れる」と表現されています。

こんなふうに、サッと支払いができる自分なら、なかなかカッコイイなと思うのですが、よく考えると「サッ」と払うような場に行くことがないですし、そもそも一緒に行く人がいないので、実現は先になるのでしょう。

いつかは「林真理子的支払い」。

これをめざしていきたいと思います。

あなたは、どんな支払い方をしてますか?

それでは、また。

セールスライターで起業したいなら、この無料メルマガを読んで見てください↓
[wysija_form id=”2″]

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - マインド