京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

体調不良や心配事があるとき、絶対やってはいけない2つのコト

      2017/03/23

先延ばし

体調不良や心配事、気分がマイナスになっていると感じたとき、こんなことをやって失敗する人がいます。

ありがとうございます。日比野新です。

今回のインフルエンザで過去に読んだ本に書いてあったことを思い出しました。

それはマイナス思考になっているときに、あることをして失敗する人が多いという話。

人は不思議なことにマイナス思考やマイナス感情に襲われると、考えなくても良い全く問題のないことを引っ張り出してきます。

人は「別に今じゃなくていいじゃん」そんなことをあれこれ探して出してくるのが得意なようです。

過去に起こった出来事から。
昨日あった出来事から。
未来の不安の中から。

まぁ、問題なんて探し出したらそこらじゅうから出てきますから。

なのに、あたかも最も重要な問題のように引っ張り出して、並べて調査して検討を始める。

ちょっと待て!

そうなんです。ちょっと待ってください。
一体何のために調査して検討を始めているのか、その理由がハッキリしない。

それ、今やることか?最重要なことか?今やらないと誰かに迷惑かかるのか?

答え:どれも何も起こらない。

その通り。

実は自分が勝手に問題を出してきて、やることがないから重要な問題に仕立てあげて、検討しているだけ。

そして検討したら最後に最悪なことをやり始めます。

これが失敗する人がやる2つのコト。

1.選択する
2.判断する

別に問題ない人との関係を選択して切ってしまう。
別に問題ないビジネスプランを判断して損をしてしまう。

こんなことを「これしかない」と思ってやってしまう。
こういう失敗をする人が多いのだとか。

実は自分も、これをやりそうになっていました。
でも、この話を思い出して、問題だと思ったこと全部を「先延ばし」にした。

結果、体調が戻ってきてもう一度考えると、何も問題のないことがハッキリ。

危ないところです。

もしこんな風に考えだしたら思い出してください。

最大の解決策は「選択」でも「判断」でもなく「先延ばし」。

これが最も良い策です。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - マインド