京都日々新のブログ

48歳で会社員を辞めて起業した元SEの記録

*

9つの感情にある「オモテ」と「ウラ」

      2017/03/21

9つの感情にある「オモテ」と「ウラ」

9つの感情にある「オモテ」と「ウラ」を知ってますか?

人は感情でモノを買う。

セールスを勉強すると、いやというほど聞く言葉です。

では
「感情」とは、どういったことなのか。
「感情」には、どういった種類があるのか。

そして、感情には「オモテ」と「ウラ」がある。

こんなことを、過去にボディーワークや整体を通して学んでいました。

ちょっとしたウンチクですが、セールスにも、自分の感情の受け止め方にも活用できますので、ちょっと紹介したいと思います。

ありがとうございます。日比野新です。

本業『無職』副業『京都日々新』ですから、副業部分の「わたし」が、誰かの役に立ちそうなことなら、ライティングの話じゃなくてもいいかな。

そんなことを最近は考えるようになったので、今回の話もOKかと。

で、早速ですが、感情を語る前に大事なことがあります。

ストレスとは

それは「ストレス」という言葉です。

ストレスの語原を知ってますか?
そもそもストレスの語原は「刺激」という意味なんですね。

でも、今の時代「ストレス」というと

・肉体的
・精神的

どちらか、または、両方に負担となる刺激や状況を指しています。

だから、多くの人は「ストレス」という言葉を、ネガティブなイメージでとらえているのでしょう。

 

感情とは

次に感情とは何なのか、です。

日本で感情というと、

・うれしい
・悲しい
・腹が立つ

など、心の動きを表す言葉として「感情」が使われています。

そんな「感情」を英語にすると

「emotion(エモーション)」

分解すると、

「e(エネルギー)」+「motion(動き)」=動くエネルギー

つまり、感情とは、

心の動きであり、心が動くということは、エネルギーが動くことでもあるのです。

じゃあ、この「エネルギー」とは何か。

わかりやすいところでは、

・体内の電気的信号
・ドーパミンなどの興奮すると分泌される物質
・呼吸の回数と深さ
・瞳孔や瞬きの回数
・血圧の上昇

そして、これらの動きによって無意識レベルで引き起こされる、筋肉の収縮。

「感情」と呼ばれる言葉の中で、こんなことが起こっています。

 

感情の「オモテ」と「ウラ」

このように、感情は「無意識」レベルで引き起こされていますから、自分では制御しにくいもの。

ほとんど無意識的な反射の連続で、感情の受け止め方を決めているとも言えます。

で、ここからが大事なところです。

無意識レベルの感情ですが、感情が発生してからは、自分で冷静に判断することができます

「あ~、今、怒ってるな」とか
「あ~、今、怖いんだな」とか
「あ~、さみしい」とか

そして、今の感情がわかれば、なぜその感情を持ったのか。
実は、どうして欲しいのかが理解できます。

人のネガティブな感情9つ

ネガティブ感情は悪いものではありません。
ネガティブ感情のポジティブ面を見ると、自分が「欲しい」ものがわかります。

はっきり言って、ネガティブ感情は便利です。

(1)反感・否定 → 受容・理解

(2)怒り → 意欲

(3)恨み → なりたい自分に対する興味

(4)敵意 → 情熱

(5)恐れ → 自信

(6)悲しみ → 認め合う

(7)無関心 → 調和

(8)さみしさ → 一体感

(9)絶望・失望・諦め → 希望・望み・自分で選べる

例えば、人が集まっているところへ行ったとしましょう。
会社の打ち上げでもイメージしてください。

でも、気がつくと、話す相手もいなくて、自分だけポツンと一人になっている。(これ、会社員時代の私ですわ。)

このときの自分の感情が「さみしさ」だったとしたら、自分が欲しいのは「一体感」なんです。

「一体感」が欲しい。
でも、今は手に入っていない。
「だから、さみしいんだな」

というように、ネガティブ感情を理解することもできます。

これがわかれば、次の行動がとりやすいですよね。

この例なら「一体感」が欲しいのですから
・席を移動して誰かと話す
・メールで誰かに連絡する
・サッとドロンして、友達に電話する

もしくは、
・ひとりで「脳内オンライン勉強」をする

何でもいいんです。

自分が欲しいものを、手に入れれば。

今の例なら、一般的には「明るく誰かに話しかける」なんでしょうけど、別にその行動だけが正解ではありませんから。

別に、その場の人とつき合う気がないのなら、帰ればいいんです。

結局は、ネガティブ感情からポジティブ感情を見つけ、本当に欲しいものがわかれば、どうすれば良いのかも見えてきます。

わけもなく
・もっと明るく
・もっと元気に
・もっと話して
とやってると、

それが重圧になって、疑似ポジティブ野郎になるだけですから、本音じゃないよね。

感情の「オモテ」と「ウラ」がわかれば、出来事の受け止め方を変えることもできるので、今回の話しを知っておいてほしいと思います。

特に今、
・会社員だけど、独立したい
・会社員だけど、副業で稼ぎたい
・組織や学校で、いじめに会っている
・会社の宴会が、苦痛過ぎる
・SNSでのつながりが、もうゴメンだ

そんな方は、本当に欲しいものは何なのか。

そして、その欲しいものを手に入れるにはどうすれば良いのか。

今のネガティブな感情をガマンし続けることが、自分の人生、自分の命を代償にして犠牲にする価値があるのか。

自分の本音を聞き出すキッカケになるのが、ポジティブ感情への変換だと思います。

ぜひとも、特に「いじめ」に会っている方は、自分の本音を聞き出してください。

自分が思っている以上のダメージを、あなたは受けています。

この感情の変換が、何かのキッカケになればうれしいな。

そう思ったので紹介しました。

あなたは、自分の本音を聞いたことがありますか?

それでは、また。

追伸
自分の経験から、最後の「いじめ」に力が入ってしまいました。
わるい。ゆるせ。

本音と自分の名前で人生を進みたいなら、この無料メルマガを読んで見てください↓
[wysija_form id=”2″]

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - マインド