京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

意外と人は他人の影響を受けている

      2017/03/22

意外と人は他人の影響を受けている

意外と人は他人の影響を受けている

人は24時間でなくても4時間とか6時間、一緒にいるだけで知らず知らずの内に影響されているようです。

体の動きや、話し方。
話す速度や口調や語尾。

こういった「何でもない」ようなところに、影響された結果が出てくる気がします。

ありがとうございます。日比野新です。

自分のことを振り返っても、時期によって一緒にいる時間の長い人が変わりますが、その度に影響されていたなと。

特に影響を受けやすいのが、返答の仕方。

ネガティブ方向への返答が多かったり、変な言い回しだったり。

そのうちに、自分でも不自然さを感じて離れていくことになるのですが、離れられないと危険な状態になることが予想できます。

例えば、若干「がさつ」な言葉遣いの人と一緒にいる人って、

京都生まれの私からすると

「めし、食うか」と言ったり、
「これ、うまい!」と言ったり、
「呑め、食え」と言ったり

することが多いように感じます。(私は、こう言った言葉の人が苦手です。)

もともとは、そんな言葉遣いじゃなかった人が、変わってくるのを見ると、

「あ~、今はそういう人とのお付き合いが多い時期なんだな」

と、完全傍観者の立場を取ります。
しばらくしても、そのまま続くようなら、ちょっと距離を取ろうかなと考え始めるタイミングでもあります。

人は本当に、他人の影響を受けやすい生き物ですし、

・よく会う人
・よく観るテレビ
・よく聞くラジオ
・よく行くお店
・よく読む本の傾向

などは、気をつけておかないと、思ってもみない方向へ影響され、進んでしまうことにもなりかねません。

どこかで、自分自身で気づいたり、誰かから気づかされれば良いのですが、そのまま気づかないと・・・、残念なことになる確率がアップ。

そうは言っても「がさつ」なら「ガサツ」な人のコミュニティーに入っていれば目立たないし、それが普通ですから、それはそれで幸せなのかもしれません。

結局、自分がどうなりたいのか、ということを見定めないと、どんな人の影響を受けるのが良いのかもわかりません。

今まで影響を受けてた人、今も受け続けている人が、自分にとってプラスなのかどうかも。

そんなことを、今日のお昼に行ったドトールコーヒーで思いました。

休日の午後なので、いつもよりも多種多様なお客さんがいらっしゃいます。
その中で、同じものを注文しても、
・楽しく食べている人
・苦しそうに食べている人
・がさつに食べている人
・なんだか自信なく食べている人
・スマホを見ながら作業的に食べている人

それぞれが、誰かの影響を受けて、今この瞬間があるわけですから、これらの表情やボディーランゲージは影響を受けた結果といえます。

どんな表情やボディーランゲージで暮らしたいのか。

そのためには、どんな影響を受けるのか。

簡単そうなことですが、意外と見落としていることなんじゃないかと感じました。

ホント、誰からどんな影響を受けるのかは、自分で選択しないといけませんね。

それでは、また。

無料メルマガの登録はこちらから↓
[wysija_form id=”2″]

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - マインド