京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

期待値の閾値(きたいちのしきいち)

   

閾値(しきいち)という言葉は、
エンジニアの間では頻繁に出てくる言葉なのですが、
日常生活では出てこない言葉です。

どういう意味で使っているのかというと、
簡単に表現するなら

「OKと許される誤差の範囲」

目標値よりも+10秒まではOK。
目標値よりも-3秒まではOK。

こんな感じで使います。

で、

この閾値は、私たちが普段生活している中でも
大きな影響を与えています。

特に「期待すること」に関しては影響を与えています。

 

誰かに何かを学ぶときを考えてみてください。

自分が相手から学びたいと思っている期待値があるはずです。
例えば、その期待値を100とします。

で、実際に相手から学んだとき、
期待値よりも低ければ・・・NGなわけです。

反対に、期待値通りだった場合はOKでしょう。
期待値+10くらいなら、満足かもしれません。

しかし、

期待値+200となったら、
確かにスゴいんだけど満足はしないことが多いものです。

確かにスゴいけれど、
今、学びたい期待値より高すぎるのは、満足度には比例しません。

 

ここが人に何かを伝えるとき、簡単ではないところだと思います。

自分は相手にとって将来役立つことが分かっているから、
今のうちに伝えておこうと思っていますが、

相手にとっては期待値以上のことなので、
満足度がアップすることにはなりません。

ここで必要なのは、伝えることではなく、
相手の期待値の閾値を探っておくことでしょう。

そして

「人を動かす」の著者、デール・カーネギーさんも言ってますが

「相手が求めたことを話す」

期待値+10くらいを話す。これが正解なのだと思います。

 

相手が求めていないことを話すのは、
押しつけであったり、自慢であったり、

相手にとって「もっともおもしろくない瞬間」だということです。

 

ライターという職業柄、いろいろなことを吸収します。
そして、吸収したものをタイミングがあれば誰かに話そうとします。

でも、そのタイミングで相手は本当に、
これから自分が話そうとしていることを求めているのでだろうか?

話し出す前に、こういう疑問を持ち
一呼吸おいてから話すかどうかを
判断しないといけないですね。

 

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル, マインド