京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

情緒的価値とは何ですか?

   

情緒的価値とは何ですか?

こんなイメージですかね?

ブランディングというと、ついて回るのが「情緒的価値」という言葉です。

今日も、偶然ですがライティングしていて「情緒的価値」という言葉とリサーチで出会ったのですが、わかったようでわからない言葉だなと。

weblioで調べると

【情緒】
人に、ある感慨をもよおさせる
その物独特の味わい
物事に触れて起こるさまざまな感慨

引用:weblio

とあるのですが、限りなく「感情的」な部分に近いのかと。

でも、なにか釈然としない部分もあり、この言葉に適切なのは、ポルトガル語の

「サウダーヂ」

ではないかと思いました。

結局、どちらも明確に言葉で意味を伝えられないことに代わりはありませんが、雰囲気はこんな感じなのかと。

で、

「情緒的価値」というのがないと、これからの経営はダメになっていく!

という記事が検索するとヒットするのですが、その記事を読んでも「機能的価値」に対して「情緒的価値」の優位性を説いているだけなので、ピンとこない。

そして「情緒的価値」の説明に出させる例は、どこも同じで

・スタバ
・アップル
・ルイヴィトン
・ハーレー

ということは、

「デザイン + ストーリー」

が大事なんじゃないのかと思う次第。

でも、それじゃ「知覚価値」と一緒だし。



いろいろと難しいことが書いてあって、最後には

「全社一丸となり、スタッフを巻き込んでブランディングを行いましょう」

と記事は締めくくられていることが多いのですが、それは「ブランディング」だけではないだろ。

そんなボヤキもありながら、調べてみたのですが、結局明快な回答は見つからず・・・。(残念)

言葉の定義が出来ていないのか、定義するとやっかいなのでやらないのか。という斜めなことも思いながら、

セールスライターの視点から見ると、特別なことではなく、

「感情に訴える」

ということなのではないかと自分勝手に解釈。(エモーショナルですね)

悩みや問題、フラストレーションを解決した先にあるもの。

他人には言わない、本心で得たい理由。

ということでOKと思いましたが、本当はもっと深いものなのかもしれません。

普段、何となく使っている言葉の意味を調べると、よくわからないままのものがありますね。

そら、齟齬も起こります。気をつけようと感じました。

 

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル, マーケティング