京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

競合との間に独自性(USP)は必要なし

      2017/03/19

競合との間にUSPは必要ない

「黄色」のところが大切です

セールスライターだけではありません。
どんな仕事も同じですが、仕事となるとクライアント様やお客様が居るはず。

どちらも無いまま仕事をして、お金が転がり込んでくる。
この方法は「ギャンブル」と言われる部類だけではないでしょうか。

ありがとうございます。日比野新です。

このように、どんな仕事でもクライアント様やお客様がいます。

ここで、お聞きしましょう。

あなたは、クライアント様やお客様からお金を頂くために、何をしていますか?

(A)モノやサービスを売っている
(B)騙して巻き上げている
(C)何かをお手伝いしている

(A)モノやサービスを売っている

過去のビジネスモデルはコレが主流でした。
そして、現在も(A)を貫いているお店が多いのも事実です。

世の中の80%は、この方法だと言っても過言ではないでしょう。

(B)騙して巻き上げている

コレに関しては、いつの時代でも存在している方法です。
どこまでが「騙す」なのか、グレーゾーンもある方法ですね。

(C)何かをお手伝いしている

そしてコレ。
これが現在、必要とされているビジネスモデルですね。

みんなわかっているんですが、できないモデルと言ってもいいでしょう。

セミナーで聞いたり、書籍で読んだりすると「そうそう」と納得するのですが、結局は「売りたい!」が前面に出て(A)に戻るというものです。

では、なぜ(A)のモデルに戻るのかというと、次のような理由が考えられます。

・競合と自社との差別化ばかり考えている(USP信仰論)
・競合のお客を自社に取り込むことばかり考えている(強奪論)
・過去からの慣習でしか行動していない(慣習絶対論)

これは「何を手伝うか」ということを考えようとするとき、自社の独自性を次のように考える始めるからなんです。

・他社と自社の違い
・他社のお客の市場性
・同業と違ったことをする恐怖

でも、実は(C)を実現しようと思うと、一番に必要なことは

自社のお客様を『知る・見る・聞く』

という3つのこと。

おもしろいですよね。
3つとも自社のお客様に向かっているだけです。
ひとつも競合や同業には向かっていません。

ここがポイントで、

・ヘタに独自性(USP)を出そうとすると
・競合のことばかり気になって
・自分のお客様のことが放置され、そして
・競合を研究した結果、似たようなものになることで
・競合と価格競争に突入し
・結局は「売りたい!」が前に出る

という流れになってしまうのです。

自社の独自性(USP)は、どこに存在しているのか。
けっして「自社と他社」との間に存在しているものではありません。
「自社とお客様」の間に存在しているものと言えます。

この「間」を、知り・見て・聞くことで、来て欲しいお客様だけを集めることができるようになるのです。

そしてこの「間」が、お手伝いできることだとも言えるでしょう。

あなたが考える独自性(USP)、競合に向いてませんか?

それでは、また。

optin-sample01

読まれるブログの文章術【基礎編】の無料入手はココから↓
[wysija_form id=”2″]

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - マーケティング