京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

ネットは、ただのツールです。

      2017/03/20

ネットは、ただのツールです。

ネットは人格でもなんでもありません。ただのツールです。

国立国会図書館 関西館4Fのカフェスペースで書いてます。

朝から健康系の記事をライティングしに図書館へ。
いきなり書き出すことは苦手なので、アイドリングするために別案件の依頼内容を精査。

そんなことをしていると、携帯電話が鳴りました。

ありがとうございます。日比野新です。

電話に出ると、集客に力を入れておられるホームページ制作の方から。

この方のお客様が、今よりももっとPVアップを望まれているとのご相談。
どうしたら良いかというのもあるし、もっとコンテンツを投入する必要もあるんだろうかというお話しでした。

このお客様が望まれている「結果」は、非常に高い目標設定。
おそらく「大手メディアサイト」と同じポジション。

この目標をそのままコンテンツだけで達成するには、相当のキャッシュが必要となってくるでしょうし、時間をかけていると他に抜かれますから、ライターも多めに必要。

どちらにしても「キャッシュ」という体力が、、、ね。

そこで、PVをアップする、という部分に着目しました。

「なぜ、PVをアップしたいのか」
「PVをアップして、どうしたいのか」
「訪問ユーザーへのバックエンドは何か」

これらのことは、お客様の商圏にも関わってきます。
また、お客様のサイトの今後の展望にも関わってきます。

とりあえずPVをアップして、訪問数とオプトインを増やす。
その結果、数年でサイトを高額で売却したい。
とか、
広告収入を得るサイトにしたい。
とか。

それとも、商圏の中でお客様との信頼関係を築きたいのか。

お客様の方向性がありますから、そこが大事ですよね。とアドバイス。

ネットというツールを使い出すと、ネットだけで全部OKと思ってしまうところがあると思います。

しかし、実際にはネットは「ツール」ですから、お客様は「ネットだから簡単」という理由だけでリピートしてくれたり、口コミで紹介してくれるわけではありません。

私も、買い物や治療院へ行ったとき「エキテン」に感想を書いてください!と言われますが、まず書きません。
そのお願いの前に「39レター」の1枚でも送ってきてからだろ?と思っています。

無料オファーをだせば「エキテン」に口コミを書き込むだろう、という発想がほとんどですが、口コミとはそんな理由でわざわざ時間を使って書き込もうと思うものではないと思います。

その前に、本当に来店に感謝しているのなら、やるべきことがあるはずですし・・・。

すいません、話しを戻します。

ネットは、あくまで「ツール」です。
拡散に便利な「ツール」。
24時間、放っておける「ツール」。
送料や印刷代が必要のない「ツール」。
修正しやすい「ツール」。

どれでも良いのですが、ネットは「ツール」であるということを忘れないでおきたいと思いますし、ネットが全てではないということも忘れてはいけないなと。

必要なのはオンラインでもオフラインでも

「どれだけ自分が誰かの役に立てるか」

だと思います。

それでは、また。

選ばれる「自分」になりたいなら、この無料メルマガを読んで見てください↓
[wysija_form id=”2″]

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - マーケティング