京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

京都日々新の「コンテンツマーケティングの課題が解決できる」ライターの見つけ方の話

      2017/09/02

コンテンツマーケティングという言葉が
最近広まってきています。

大手さんも本格的に予算を組んで始めていますし
他よりも一歩先、二歩先を行っている中小企業さんも
予算を組んで始めておられるところが少しずつ増加しています。

なぜ、このようなことを私が言えるのかというと
コンテンツマーケティングに不可欠な

「ライティング」

を生業にしているからです。

ライティングはコンテンツマーケティングにおける
「核」となる部分を担っていますから

ライターの元へは様々な情報が集まってきます。

それも1社だけの情報ではなく、あちこちの情報が
入ってきますから、どんなことが上手く行ったのか
どんなことが上手く行かなかったのかがわかるという

大変便利はポジションです。

どんなターゲットを狙っているのかとか
どんなキーワードで上位表示を狙っているのかとか

コンテンツマーケティングでも様々な仕掛けがありますから
例えば、メルマガをどの位置づけで発行するのかとか

いろいろなことが集まってきます。

そこで、今回は京都日々新がコンテンツマーケティングに携わった経験から、コンテンツマーケティングの「核」となる「ライター」の見つけ方を紹介しようと思います。

目次
1: コンテンツマーケティングに向くライターとは
2: ただのライターと、そうじゃないライター
3: コンテンツマーケティングの成功はライターが握っています
4: まとめ

1: コンテンツマーケティングに向くライターとは

小難しいことをお話してもおもしろくありませんから、ズバッとお話します。

コンテンツマーケティングに向くライターとは、どのようなライターさんなのか。

ここを間違えて依頼したり、焦って獲得すると痛い目に遭います。

では、一つひとつ見ていきましょう。

 

(1)納期は絶対に守れる人

コンテンツマーケティングはコンスタントな更新が必要です。
ということは、前もってスケジュールを作成しますが、もし更新するべき記事が遅れたとすると、どうでしょうか?

1度や2度ならまだしも、毎回

「すいません~。ちょっと間に合わなくて、2~3日待ってもらえますか?」

というようなライターさんだったら危険です。

 

(2)長距離ランナーのように安定した人

コンテンツマーケティングのコンテンツ制作は、一時的にやって終わりというものではありません。

これからずっと継続していくことになります。
そのためには、コンテンツ制作を行うライターさんは、短距離走選手タイプではなく、継続して走り続けられる長距離走選手タイプが良いでしょう。

安定したライティングが継続してできる人。
これが必要です。

 

(3)キーワードに敏感な人

自分でキーワードプランナーとサーチコンソールを使って、必要なSEO対策を提案できる人が理想的です。

ここがわかっていないのに、Googleの検索順位を上げるコンテンツを作ることはできません。

 

(4)アウトラインが自分で作れる人

ライターの中には、文章は書けても流れ(アウトライン)を考えるのが苦手という方もいらっしゃいます。

こういう場合、出来上がったコンテンツを見ると流れが良くないため、読者や視聴者が最後まで見ずに離脱する可能性が高くなります。

ポイントとしては「5,000文字」くらいの記事がサラッと読めて、理解できるコンテンツを作成できるかどうか。

 

(5)あなたの業種に興味がある人

これは重要です。

「何でも書けます」というのは、ある意味正解です。
ライターはリサーチ力があれば、大抵のものは書けます。

でも、先ほどもお話しましたように、コンテンツマーケティングは「継続」することが必要です。

そうなると「書ける」だけでは、モチベーションが続かないんです。

だから必要になるのが「興味があるかどうか」という部分。

文章が上手よりも、重点を置くべき部分ですね。

 

2: ただのライターと、そうじゃないライター

コンテンツマーケティングを一緒にやって良かったと思えるライターさんは、ライティング以外の部分を理解しています。

ライティングは元より、

・マーケティング
・SEO
・聞き出す能力
・計画性

などなど。

もし、コンテンツマーケティングを行う上で、

「ただ記事数がほしい」

ということなら、ライティング代行業者へ依頼するのがオススメです。
その方が管理しなくて済みますし、値段も格安というところも多いですから。

 

ただ記事が必要なのか、

それとも、これからのビジネスを真剣に考えながら、試行錯誤してより発展させたいのか

 

どちらを選ぶかで、ただのライターさんで良いこともありますし、そうじゃないライターさんしかダメな場合もあります。

 

3: コンテンツマーケティングの成功はライターが握っています

ライターというポジションは、継続してコンテンツを制作する役割でありながら、まだアイデア段階のことを、最初に具体化する役割でもあります。

そして、

テストするためのコンテンツを制作することもありますし、スピード重視でコンテンツを仕上げることもあります。

このように考えると、ビジネスを動かすキッカケを作るのがライターと言えます。

だからこそ、ライターの速度感、知識、技術、そして情熱。

ここがコンテンツマーケティングの成功の鍵だと言えます。

 

4: まとめ

いろいろとお話しましたが、最後にコンテンツマーケティングに向いているライターさんのポイントを、優先順位の高い順にまとめておきます。

(1)納期が守れる人
(2)あなたのビジネスに興味がある人
(3)安定したコンテンツ制作ができる人
(4)マーケティングやSEOなどを理解している人
(5)アウトラインが作れる人
(6)文章が上手な人

 

コンテンツマーケティングをこれから始めよう
コンテンツマーケティングを始めたけれど上手く進まない

今回の内容が、このような方のお役に立てれば幸いです。

 

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - オウンドメディア, コピーライティング, マーケティング