京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

脱サラして成功したい40代の人が必ず手に入れるべきスキルとは?

      2017/03/23

40代、脱サラ準備
独立起業、フランチャイズ、副業から専業へ。
40代の人が脱サラしようと考えると、様々な方法が考えられるのではないでしょうか?

ありがとうございます。日比野新です。

人によっては20年以上のキャリアがあったり、いろいろな職種や経験値を持っておられたり。

20代や30代では手に入れることができない、実体験を通して培った力を使うことができるのが40代で脱サラを考えている方の強みだと思います。

しかし不思議なことに、それだけの力と経験、専門的なスキルを持っていても、脱サラして3年持つ人が半分以下であるのも事実。

理由は、それこそ様々でしょう。

・友人知人が売上に貢献してくれなくなった
・以前勤めていた会社から仕事が来なくなった
・最初の1年はお客様がリピートしていたけど2年目からは激減した
・ライバル店が近くに出来た
・一部の常連客ばかりで、新規客が来店しにくい雰囲気になった

などなど、、、。

資金繰りや体力的なこと。その限界点が3年なのかなと。

ということは、3年を越えるためにはどうすれば良いのか、前もって考えておく必要が出てきます。

「ギャンブル」にならない収益と集客の確保。
そのためにやるべき必要なこととは何なのか?

コンサルタントを雇う?
自己啓発セミナーに通う?
霊媒師にアドバイスをもらう?
異業種交流会に参加して、名刺を配りまくる?

いろいろな手段が考えられますが、これからの時代を見据えると、切っても切れないのはインターネット。

じゃあ、インターネットで何ができるのかというと、

ブログでもいい。
メルマガでもいい。
動画でもいい。
インスタグラム?
SNS?

方法はいっぱいあります。

でも、共通している大事なことは、たったひとつ。

自ら何かを発信する」こと。

そして発信するときに必要な、最低限のスキルはというと、

日本語での文章

ではないでしょうか?

 

読書離れや活字離れと言われて久しいですが、書籍を読まなくなった人が増えただけで、文字を読まなくなったのではありません。

動画を使うにしても、シナリオは文章で書き起こさないといけません。

ということは、脱サラしたい40代が手に入れておくべきスキルとは、日本語での文章力ではないかと思うのです。

別に文学や小説のようなものを執筆する力が必要なのではありません。

お客様との信頼関係を作るための文章力が必要なだけです。

 

もし、このスキルを知らないまま脱サラしてしまったら、3年を迎えるころ、あなたのビジネスも終わってしまう。

そうなる可能性がアップしてしまうということです。

ですから今のうちに、脱サラ準備のひとつとして文章力を手に入れておくことをおすすめしたいのです。

 

こういう私も2014年の年末近くまで、このスキルのことは全く知りませんでした。

でも偶然知ったことで状況が一変し、少しの文章力を手に入れたことで、生活基盤にも変化が訪れました。

ですから、あなたにもこのスキルをぜひ手に入れてほしいです。

 

もし、このスキルのことに興味を持ってもらえましたら、右の無料メルマガに登録してみてください。

メルマガの中で詳しくお話しています。

 

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - 脱サラ・独立起業