京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

会社を辞めたい会社員(非正規や派遣含む)に必要な基本とは

      2017/03/21

会社辞めたい

会社、辞めたい。そんなあなたへ。

昨日はセールスコピーライターという職業が、働き方を変えるひとつの“きっかけ”になるとお話しました。

でも、ここで慌てないでほしいのです。

セールスコピーライターになれば、

・収入もアップ
・どこでも出来る
・短時間だけ働いたらOK
・仕事もドンドンやってくる
・スタバで仕事!

こんなイメージというか、こういうことがネットのあちこちで話されています。

本当にそうなのでしょうか?

半分は正解です。
でも、半分はそうではありません。

セールスコピーライターになったとしても仕事をすることに、かわりはありません。
ということは、今、あなたが勤めている会社と何ら変わらないのです。

よく見落されることですが、フリーのセールスコピーライターでも会社員でも基本的に必要とされることは同じです。

それは何でしょうか?

あなたも会社でいつも聞いていることです。

・報告もきちんとする
・連絡は正確に早くする
・思いこみではなく、相談する

基本ですよね。

ということは、今、あなたはこの基本を会社でやっているのかどうかということです。

会社員だから適当でいいか~。
であれば、フリーのセールスコピーライターはやめましょう。
もっと言うと、会社を辞めることを辞めた方がいいです。

フリーだから好きにできる。
そんなふうに考えている人もいますが、私が思うのは会社で勤めているときに、こういう基本が出来ていない人は無理なんじゃないかと思います。

そして、会社にいるとき、アテにされている人でないと無理なんじゃないかとも思います。

「あの人なら、任せておいて大丈夫」と思ってもらえる人でないと無理なんじゃないかと。

そんな風に思うのです。

ですから、会社を辞めて働き方を変えたいのなら、まずは今、勤めている会社で自分の立ち位置がどこなのかを正確に判断することをおすすめします。

・アテにされている
・任されている
・報告、連絡、相談が出来ている
・納期が守れている
・自分のスケジュール管理が出来ている

この辺りを見直してみてから、働き方を変える一歩を踏み出してほしいのです。

そうでないと、夢と理想と現実の違いに戸惑うでしょうし、結果的に社会人としての基本が出来ていないと、ジョンカールトンとかダンケネディとかリッチシェフレンみたいな人じゃないと仕事がありませんから。

まず、ここを冷静に見つめてほしいのです。

もし、出来ていなくても、あなたはラッキーです。
会社員の間に身につければいいのですから。
安定した収入がある間に、確実に身につければいいだけです。

明日は、働き方を変えるきっかけになった「セールスコピー」の勉強を私はどうやっていたのか。

掻い摘んでお話ししたいと思います。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - 脱サラ・独立起業