京都日々新のブログ

ITエンジニアと執筆業の京都日比野新事務所のブログです。

*

会社を辞めたい会社員(非正規や派遣も含む)のあなたへ

      2017/03/22

会社辞めたい

会社、辞めたい。そんなあなたへ。

今日のブログは2014年11月ごろの話を思い出したので書いておきたいと思います。
この頃、私は正社員ではなく「非正規(派遣)」という働き方でした。

そして私はまだ、セールスコピーというものに出会ってませんでした。
そんな仕事があることすら知らなかったというが正解。

ブログのシステムやECサイト、ワードプレスのプログラミングは出来ても、ブログに文章を投稿するという発想は一切ありませんでした。

というより、何をブログで配信するのかイメージがないというのが本当のところ。

ありがとうございます。日比野新です。

当たり前のように、毎日現場まで朝から満員電車で通勤。
それも京都府相楽郡精華町という田舎から、大阪市内まで片道約90分。

満員電車の中の重苦しい雰囲気が、嫌でたまらなかったのを覚えています。

仕事は仕事で誰かの尻拭いというか、発生したバグ(不具合)の修正とか、スケジュールに遅れが出た案件の助っ人とか。

ウェブシステム構築の手伝いとか、デザイナーさんとのやりとり。
HTMLやCSSやJavaScriptなどでサンプルを作って、新人さんに教材のようなものを書いて配布したりソース検証してダメ出ししたり。

突然に発生したお客さんへのプレゼンとか、要件を聞いてまとめて、先方の重役さんへ資料作って報告とか。

誰もが嫌がるような「面倒」な仕事をメインにやってました。

2014年11月は、そんなことをしていたのですが、12月に転機が来たというか「きっかけ」が起こるワケです。

この辺りのことは無料メルマガに書いてますが、この瞬間から何かが変わったことは間違いありません。

直感的にセールスコピーライターという仕事が、システムエンジニアで培ったことが利用できると感じたのか、単純に通勤せずに稼げるという部分に興味を持ったのか。

何の確実な根拠もなく「これはいけるんちゃうか」というような感覚だけで勉強をはじめたのが2015年1月。

それから1年と3ヶ月ほどで、良い縁に恵まれ、まずはライター専業としてフリーになりました。

そして

今、

通勤ラッシュは無関係になりました。
朝に「あ~行かな、あかんなぁ」と思うこともありません。
曜日の感覚も曖昧です。

自分が作った資料を、誰か他の人が名前を変えて上司に提出。
そんな理不尽な行動に合うこともありません。

よくわからない長時間の会議に出る必要もありません。
同僚や周りの人のグチを聞くこともありません。
屁理屈をこねた言い訳を聞いてムカムカすることもありません。

自分の理想の働き方に、一歩近づいていると感じます。

そこで私の経験から言いますと、もしあなたが「会社を辞めたい」と本気で考えているのなら、セールスコピーライターという職業は、働き方を変えるひとつの“きっかけ”になると思います。

でも、注意しないといけないこともあります。

どんなことに注意しないといけないのか?
長くなりそうなので、続きは明日のブログで。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - 脱サラ・独立起業