京都日々新のブログ

ITエンジニアと執筆業の京都日比野新事務所のブログです。

*

たった4ヶ月で会社員からライターに独立できた理由

      2017/03/23

皇居向かいの公園から

初めて対面コーチングがあった、ホテルラウンジの隣の公園

2016/05/24 09:11
現在、京都御池のエクセル・シオールでブログ執筆中。

あえて向かいのスタバ三条店はハズして、エクセル・シオール。
理由は単純にスタバは人が多いから、それだけなんですけどね。

今日は10時からビーコン小野さんとの対面コーチングなので、京都の御池で待ち合わせ。

朝から烏丸通りを行き交う人を見ていて、こんなことを思いました。

「小野さんに初めて会ったのって、去年の10月だよな~。」
「ビーコンコーチング、12月からだから半年。早かったなぁ~。」

伝説の『ビーコン名古屋セミナー』に参加したのが、去年の10月。
このとき初めて『リアル小野さん』と会いました。

名古屋セミナーの懇親会の席で、小野さんに私はこう聞かれました。

「日比野さん、独立するの、いつごろ予定してますか?」

私は、

「そうですね、副業で稼げるようになってからと考えているので、2017年の4月ごろですね」

と答えたことを覚えています。

そうすると小野さんは、

「えっ、そうなんですか!てっきり2016年の7月ごろには独立する考えだと思ってました!」

そのとき私は、

「またまた、そんな早く変わるわけ無いじゃないですか~。」

と心の中で思っていました。

その後、名古屋セミナーがご縁で、去年の12月からビーコンコーチングに参加。

12月中旬、東京で初の対面コーチング。
皇居近くの、ホテルのラウンジだったことを覚えています。

そのとき初めて「オウンドメディア」の記事を1本書いて納品しました。
たった1本の記事を書くために、たぶん20時間はリサーチしたはず。

書く内容もリサーチしましたが、そもそもオウンドメディアってどう書くの?
というところから始まってましたから、片っ端からサイトを閲覧して調査研究。
参考にしたサイトは50以上あったと思います。

その中から、何となく書き方というか、読みやすさというか、そんなことを掴んで、実際に記事を書く。
それが初めて書いた1本でした。

それからは、12月、1月、2月、3月と記事をコンスタントに執筆。
たぶん年末年始関係なく「文章を書く」という行為を休んだのは元旦と、
1月末の『ビーコン箱根合宿』参加中だけだったと記憶してます。

そして運命の3月に、システムエンジニアの仕事を辞め、4月からはライティング専業。

12月~4月の記事執筆の請求、プラス、今月の請求で、ビーコンコーチングの参加費は取り戻した感じです。

こんなことを平日の朝の通勤時間に、エクセル・シオールから会社へ向かう人を見ながら思い出していると、人生が変わったんだなぁ、と実感。

長いようで短かった半年のビーコンコーチング。

こうやって、生き方というか、ライフスタイルを変える“きっかけ”を作ってくださった「ビート・ザ・コントロール小野貴正」さん。

ありがとうございました。

これからも、小野さんとのお付き合いは続きますが、一旦、ビーコンコーチングは卒業。

今度は、私が実際にライフスタイルを変えた経験から、過去の私と同じように会社員からライフスタイルを変えたい。
そう思っておられる方のチカラになれるよう、まずは私自身の実績を作ることから始めようと考えています。

追伸
あなたも、会社員からライフスタイルを変えたいと思いませんか?
私が人生を変える “きっかけ” を作ってくださった方のブログはこちらから。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - 脱サラ・独立起業