京都日々新のブログ

48歳で会社員を辞めて起業した元SEの記録

*

あなたの言葉は何でできている?

      2017/03/19

あなたの言葉は何でできている?

『きれいなおねえさんは好きですか』

『あなたは、あなたの読んだ本でできている』

出典:ブレーン VOL.651 40ページ 不親切な答えと親切な作家/一倉宏」より

これは、一倉宏さんが「コピーの作法」という
テーマで執筆された文章の中の一言です。

一倉宏さんをご存じない方でも、
このコピーはご存じだと思います。

『きれいなおねえさんは好きですか』

このコピーを書かれた人です。

ありがとうございます。日比野新です。

言葉を扱うということは、借り物の言葉では
読み手に見透かされてしまうのは周知の事実です。

それ以前に借り物の言葉で書かれたものは
相手を読み手にすることすらできません。

直感的にスルーされ、読む以前に興味を持って
貰うことができないのが現実。

借り物でない言葉を文章として落とし込むには
自分の身体に消化されているものしか出てこない。
ということになりますが、ここに気づかず
テクニックだけを追い続けることも可能です。

書くという行為を行うには
リサーチが何倍も必要になり、
あちこちの書籍や雑誌やWebサイトに
目を通すことが増えていきます。

そうやって見る量が増えてくると気になるのが
語彙力というか、難しい言葉でなくても良いのですが
もう少し違った、そのシーンに適した言い回しや
言葉を選択したいなと思うようになること。

的確に読み手に響く言葉。
読み手が普段使っている言葉でありながらも
最も適した言葉はどれなのか。

また、その言葉は
「漢字」がいいのか
「ひらがな」がいいのか
「カタカナ」がいいのか

それとも、別の表現がいいのか。

漢字検定に合格するのとは違いますがシーンに
合った言葉を身体に染み込ませる必要がある。

そういうことを考え始めると、最初の言葉に戻るのですが

『あなたは、あなたの読んだ本でできている』

これが、
今の自分から出てくる言葉の全てだと
認めるしかありません。

フリーランスとして仕事をしていると
書くことがイコール収入に直結するため
書くことに注力してしまいがちになります。

しかし、

第二領域として、それ相応の「読む」時間を
確保することが必須。

また、Webの文章を読むよりも、特に書籍が最適。

これは個人的な主観ですが校閲まで通っている
ものを読むことが必要だと感じる次第。

「書く」には「読む」ことが必要。
アウトプットとインプットのバランスが大事。

少しでも多くの「本」で自分を作りたいなと。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - コピーライティング