京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

覚えやすいよりも、忘れられないことが大事

   

商品やサービスのネーミング。
ブログとかホームページのサイト名。

・かっこいい
・かわいい
・笑える
・覚えやすい
・イメージできる

こういうことにフォーカスして、名前を決めることが多いです。

でも、これは本当に効果的なのでしょうか?

例えば、三日前、
偶然目にしたブログのサイト名を覚えていますか?

1年前に足を運んだお店の名前を覚えているでしょうか?

たぶん、ほとんどの人は覚えていないと思います。

でも、反対に、何年経っても口から出てくる名前もあります。

一度か二度しか行ってない飲食店なのに
なぜがいつまでもお店の名前を覚えている。

お店が無くなっていても覚えている。

こういう現実を思うと、

・かっこいい
・かわいい
・笑える
・覚えやすい
・イメージできる

という名前に効果があるのではなくて、

本当に必要なのは、

運営している本人の気持ちとか
本心とかが表れている

『忘れられない』

名前なのだと思うようになりました。

だいたい、今、成功している人の名前は

一度聞くと『忘れられない』名前であることが多い。

海外ドラマでも映画でも、
登場人物の名前で、すぐに覚えられるのは

頭の中で音が何度も跳ね回るような語感だったり
リズムだったり長さだったりします。

そんな名前を求めて、
ここ一週間ほど新サービス名を考えて
悩んで苦しんでいたのですが

昨日、

嫁さんのもとに「主」が舞い降りられ
想定外の名前を告げて行かれました。

・考えて
・悩んで
・絞り出す

のは私の仕事で、

最後にサラッと一言で解決するのは

嫁さんなわけです。

いつか、

私の元にも「主」が舞い降りて

忘れられない名前を伝えてほしいなと思います。

 

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル, コピーライティング