京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

【オウンドメディアの書き方】次々文章を書き進めるコツ

      2017/05/31

次々書き進めるコツ

・・・、次、なんて、書きだそう?

オウンドメディアの記事だけではありませんが、文章を書いていると「筆が止まる」ことがあります。
(正確にはキーパンチが止まるですけど。)

本来、文章を書いているときには、手を止めることなく「書き続ける」というのが良いと言われていますが、どうしても続かないときもあります。

そんなとき、どうするかというと、、、

ありがとうございます。日比野新です。
今日は朝からヤフーの雨雲レーダーが真っ赤になっていた国会図書館からお届けします。

で、止まった筆をどうやって次へ進めるかというと、まずはこういう方法があります。

1: いったん休憩する

パソコンから離れます。
そしてウロウロします。
何か飲みます。
5分くらいウロウロします。

そんで、パソコンに戻ります。

文章を最初から読みます。

と、不思議なことに、手が止まっていたところから進むことが多いです。

手が止まった場合には、最初から読み直すと進む可能性が高いです。

2: 実はこれが効果的

文章を最初から読み直すのも効果的ですが、それでも進まないというときは、こっちの方法が効果的です。

その方法とは、接続詞にあります。

まず、手が止まった上のパラグラフから読みます。

手が止まった「行」へ来たときに「接続詞」を書きます。

そして、とか
だから、とか
そのため、とか
それでは、とか
すると、とか

人間の脳は不思議なもので、接続詞があると、なんとなく次の文章が続き出すのです。

そして文章をどんどんと進めて行って、また手が止まりそうになったら接続詞を入れる。

これを続けることで、どんどんと文章を書き続けていくことができます。

まとめ

そして最後に大事なことです。

接続詞をバンバン入れて文章を書いた場合には、もう一度読み直して必要のない接続詞を削除していきましょう。

すっきりした文章、読み進めやすい文章に化けさせてあげてください。

意外と接続詞を続けると書き進められるので、どうしても止まったときに活用してみてください。
一行でも書き進められたら、文章って一気に展開するものですから。

あなたの手、止まってない?

それでは、また。

optin-sample03セールスライターで起業したいなら、この無料メルマガを読んで見てください↓

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - オウンドメディア, コピーライティング