京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

スワイプ、間違った?

      2017/03/21

スワイプ間違った?

スワイプ間違った?

昨日の夜、電車で帰って来たとき、帰り道にある「自動販売機の群」で驚きのコピーを発見しました。

そうそう「自動販売機の群」とは、屋根がある建物の中に自動販売機が5台、ところ狭しと並んでいる場所のことを表しています。

ありがとうございます。日比野新です。
今日は近所の整骨院で執筆中。

で、発見したコピーをもう一度よくよく見てください。

あなたは知ってますか?

あなたは知ってますか?

ヘッドラインは「あなたは知ってますか?」です。
それも「赤字」です。

そして、オファーは「ただ今 1本100円」です。

そしてそして、売りたい商品名を見てみると「ドトルトのコーヒー」。

ちょっと待て!

ドトルト」て、どこのコーヒーやねん!

5台ある自動販売機を1台ずつ見ていくと、ひとつだけ「100円」のコーヒーが存在していました。

そのコーヒーとは、コレ↓↓↓

ドトルトではなく、ドトールだ!

ドトルトではなく、ドトールだ!

いや、なんとなくわかるけど・・・。

けど、ドトルトとは、どうやっても読めへんやん。

そして、コーヒー違って「カフェ・オ・レ」やし。

100円になっているけど、元値がいくらかわからへんし。

だいたいこのオファーやったら、

今だけ、120円→100円!
ドトールコーヒーのカフェオレ

の方が伝わりやすくないか?

ちなみに、このダンボールPOP。
ドトールコーヒーが入っている自動販売機の反対側に向かってぶら下がっていたので、100円になっているコーヒーを探すのに手間が掛かるという、なんとも強気なセールスでした。

そして後から気づいたのですが、「あなたは知ってますか?」と言われてたら、心の声は「知らんし・・・」と答えてました。
無意識に「答え」てしまうというのは反応していることですから、ある意味この往年のヘッドラインは成功しているとも言えます。

今回のように、良いところを突いてるんだけど

  • シーン
  • セールスしたい商品
  • オファー

によって、スワイプ(パクリ元)を考えないと

  • 身近にあったから
  • 目についたから
  • 自分が好きだから

というような理由だけでやっちゃうと、 こうなるんだなぁ~

という実例をみて、気をつけようと心を正しました。

あなたは知ってますか?ドトルトのコーヒーが、、、。

ちがった。

あなたは自分の思いだけで、スワイプを選んでいませんか?

それでは、また。

optin-sample01

読まれるブログの文章術【基礎編】の無料入手はココから↓

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - コピーライティング