京都日々新のブログ

ITエンジニアと執筆業の京都日比野新事務所のブログです。

*

セールスコピーのライティングで簡単ではない問題とは

   

セールスコピーのライティングで簡単ではない問題とは

行動を起こせるか

ライティングをしていて、もっとも簡単ではない問題。
それは、

『相手に行動を起こしてもらうこと』

そしてレターでもコンテンツでも、受け取った人に「書き手が考えている」ことを行ってもらえるチャンスは、おそらく一度だけでしょう。

この貴重な一度だけのチャンスをものにできるのは、次の5つのときではないかと思います。

 

1. 相手が好きなこと

誰でも自分の好きなことや興味のあることなら、真剣に、もしかすると繰り返して読みます。

休日に楽しむことや、お金儲けに関することは、多くの人の興味を引きますから、熟読して行動してくれる可能性が高いです。

 

2. 読み手が気になっているテーマ

読み手にとって、込み入ったテーマ。
読み手が気になっているけれど、込み入ったことなので、ゆっくりと何度も熟読しないといけないようなことです。

病気についてのことや、家族の安全や健康についてのことですね。
こういうテーマは行動につながります。

 

3. 読み手にとって重要なこと

重要なことと言えば、法律などが関わっていることです。

例えば、家を持っている人なら「固定資産税」に関する内容。
法律や条例の変更で、保険の保証が大幅に変更される。

本当は読みたくないけれど、読まないと仕方ない。
そして、行動を起こさないと「」をする。
そんなことですね。

 

4. よく書かれたもの

小説やマンガなどでしょうか。
おもしろいとか、感動するようなものは、繰り返し読まれます。

そして、グッズを購入するというような行動を起こさせます。

 

5. 読み手の頭の中と一致したテーマ

非常に難問ですが、読み手の頭の中の「会話」に一致したテーマは、必ず読まれます。
でも、一致することは「運」だとも言えます。

100人に同じレターを届けても、ちょうどそのとき50人、60人が同じことを考えているということは、現実ありません。

そして、届けたレターで読み手の頭の中の会話を、レターに合わせるように強制することは不可能です。

私たちができることは

『今がそのテーマを考えるのにちょうど良い時』

と考えてもらうように導くことでしょうか。
うまく導ければ、100人中3人くらいは行動を起こしてくれるかもしれません。

 

まとめると

相手に(読み手)行動を起こしてもらうことは、簡単ではありません。
そして、その機会は少ないですし、1通のレターに対して一度きりのチャンスです。

このチャンスを逃さないためにも、普段から読み手の頭の中の会話に入り込んでおくことが、重要だと感じています。

100%の正解はありませんから、最後は「勘」「予想」を含みます。
でも、限りなく100%に近づく努力はできると思っています。

電車やバスでスマホを見るよりも、目の前に居る人の頭の中に侵入してみませんか?

 

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - コピーライティング