京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

それ、ホンマに居るんですか?妄想と期待、そして習慣化してしまう魔法

      2017/03/21

妄想と期待

妄想と期待

「○○が売れているようです」「○○を持っているようです」

「○○が増えているようです」

広告やオウンドメディアの記事でも見かけるフレーズですが、

ホンマにそんな売れてんのん?
ホンマにみんな持ってるん?
ホンマにそれ増えてるん?

と思うことが多々あります。

ありがとうございます。日比野新です。

読んだ人の身近なことでなく
読んだ人があまり知らない
ホンマかどうかわかりにくい

そんなことなら、このフレーズもOKでしょう。

でも、身近で答えがわかってしまうようなことに「○○を持ってますよ」と煽って言っても「あっ、そう」で終わってしまう。

みんな持ってるなら、当然知っているから、「あ~ハイハイ」。
みんな持ってないなら、ウソだとわかるので、「またまた」。

どちらに転んでもいいことなし。

では、なぜこういう記事が増えるのかというと、おそらくは「妄想」で書いているからではないでしょうか。

自分がリサーチした情報を使いたいがために、「こうであってほしい」という自分の願望を投影しているのではないかと。

本来は「売れてます」と書きたいなら、売れている証拠をリサーチで掴んでおくべきですし、それが無いなら、言い回しを変えるか、その情報を使わないかを選択する必要が出てきます。

でも、せっかく時間を掛けてリサーチして出てきたもんだし、使いたい。

で、使っちゃうんだろうなぁ。

実際のところ、スマホの画面をグリグリと指でスクロールして見ている人が、どれくらいネットの記事を信頼し、真剣に読んでいるのかはわかりませんが、ただの時間潰しに見ているだけの人を相手にするなら、消費される情報ということで、存在意義があるのかもしれません。

しかし、こういう「裏取り」しないリサーチは自分の癖になりますから、ここ一番のセールスコピーを書くときにも、同じことをやってしまうと思います。

その時だけスイッチを切り替えられる器用な人はいいとして、世のほとんどの人は、そうは簡単に切り替えられないと思うので。

まぁ、切り替えられたら「習慣」に関係する本があんなに出版されませんよね。

試合のときだけスイッチ切り替えたら、普段は縦にバット振って素振りしてても打率が4割になっちゃったよ。
たぶんそんな人は、プロにはいないと思います。

プロや職人と呼ばれる人たちは普段から、どんなことをやっているのか。

力を抜くところと抜かないところはどこなのか。

あなたのリサーチは自分に都合の良い「妄想」や「期待」になっていませんか?

そのリサーチ内容は「事実」でしょうか?

2つ以上の裏取りが出来る情報でしょうか?

追伸
最近立ち上がったオウンドメディアサイトを見ると、二次利用、三次利用されたコピペとリライトギリギリの記事が目立ちます。

そして、内容は「妄想」ではないかという設定。

二次利用、三次利用した情報を使いたいがために、無理矢理に設定しているとも言えるもの。

オウンドメディアサイトが生き残るには、

・サイト自体の信頼性
・ただのカタログでない情報
・読者が疑って読まなくてもいい記事

この3つは必要に迫られてくると予想します。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - コピーライティング