京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

【オウンドメディアの書き方】タイトルに変化あり

      2017/03/22

タイトルに変化あり

タイトルに変化あり!

従来のオウンドメディアのタイトルと言えば、キーワードプランナーなどで選んだキーワードを組み入れて最大32文字までで表現する。

スマホとかを考えると18文字がいいんじゃない、という話でしたが、最近は少し状況が変わってきています。

ありがとうございます。日比野新です。

これは三ヶ月くらい前に気づいたのですが、記事のタイトルが32文字を遙かに超えているものがチラホラ存在するということ。

これは、SEO的にどういう観点でこうなっているんだろう?

と、思って色々見ていて、最近理由がわかりました。

その理由とは、検索するときの読者の行動にあったのです。

今まではパソコンとかスマホからキータッチでキーワードを入力して検索するのが一般的でした。

しかし、現在は「音声」がテキストに変換される機能がスマホには付いています。

スマホに話しかけたら変換される、アレです。

ということで、

今は検索したいことをスマホに「話し」かけますから、記事のタイトルも「話し言葉」がヒットするように長くなっている。

というのが、理由のようです。

いやいや、読者の行動パターンが変わることで、SEOの考え方も変化していきますし、記事のタイトルの考え方も変わるのですね。

今後の記事のタイトルを考えると、

・パソコン向けには、従来通り
・スマホ向けには、話し言葉で

という、2パターンが必要になるかもしれません。

ライターが2つのパターンのタイトルを考える?

それでは、また。

optin-sample02選ばれるセールスライターがお届けする無料メルマガの登録はココから↓
[wysija_form id=”2″]

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - コピーライティング