京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

時間なし、場所なしでも写経を続けるコツ

      2017/03/23

どこでも写経できます!
セールスコピーライターで起業する人は、「写経を続けている」という。
でも、写経しない、写経できない人から見ると、写経なんて苦しいだけで続かない。

どうやって「苦しい」ことを「続けて」いるのか。

ありがとうございます。日比野新です。

セールスコピーの勉強を始めると「写経しましょう」と言われます。

でも、

・手がシンドイから続かない
・写経する時間がない
・写経する場所がない

という理由でなかなか実際、写経に取り掛かる人は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、私が2015年1月から続けている写経のやり方を踏まえて、続く写経のコツをお伝えします。

 

時間や文字数ではなく段落を把握する

手が痛い、時間がない、場所がない。
本当は写経をした方が良いのは判っているけど、そんな理由でやれてない方。
心の中に「やった方が・・・」という悶々とした気持ちを持ち続けるなら、

いっそのことやりましょう。

いつまでも悩んでいるのは、本当に時間がもったいないですよ。

「でもね」、という答えが返ってくると思いますが、簡単に続けて写経する方法があります。

その方法、コツとは、

1日に一段落だけ写経する

30分やろう!
1ページやろう!
100文字やろう!

そんな目標ではなく、話として理解できる最小単位「段落」を使って写経をする。

これなら、

・手が痛くない
・時間もかからない
・場所もいらない

具体的には、

・朝、始業前の5分を使ったり
・お昼休みの5分を使ったり
・帰りの電車を待っている時間を使ったり
・帰宅する駅に降りてから、駅の待合で座って写経したり

こういう時間と場所の使い方が可能です。

これも十分に写経です。
毎日続けていたら、何もやらないよりは必ず差が出てきます。

そしてポイントは写経するノートと写経資料。

ノートはページ数が少ない普通のノートがオススメです。
この理由はページ数が多いと持ち運びが重いから。
毎日持ち歩くものですから、負担にならない重さであることが大事です。

そして写経資料ですが、これは写経したい本や資料を1ページ単位でコピーしましょう。
今はコンビニでも100円ショップでも、どこでもコピーできます。

これも「本をそのまま」「資料をそのまま」持って歩くと重いから、写経するページの分だけ、紙1枚だけを持ち歩く。

限りなく「写経」ということに関わる負担をゼロに近づける。

こうしておかないと、「重いから」「かさばるから」という写経とは関係のない理由を持ち出して、写経することをやめようとしてしまいます。

人間の心理をついた予防線ですね。

さぁ、これで写経するコツをあなたは手に入れました。
さっそく今からコンビニに行って、写経する資料を1ページだけコピーしてきましょう。
自宅にあるプリンターでコピーできるなら、コンビニに行く手間すらかかりませんよね。

そして家にあるコピー用紙を1枚用意。

ほら、今からでも一段落だけ写経できますよ。

ぜひ、「苦しい」写経を続けて「楽しい」写経に変えてみてください。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - コピーライティング