京都日々新のブログ

ITエンジニアと執筆業の京都日比野新事務所のブログです。

*

セールスライターがキャッチコピーを作るときに使う3つのワード

      2017/04/02

セールスライターがキャッチコピーを作るときに使う3つのワード

この3つのワードは重要です!

キャッチコピーって、わかりやすくて、できれば短くて、刺さるものを作りたいと誰もが考えていますよね。

でも、実際に作るとダラダラと長くなったり、抽象的すぎて言葉は美しいけれど意味がわからない、ということになる場合もあります。

ここがキャッチコピーが簡単ではないと言われるところですし、ここを超えるには「数を作る」しか方法はないと思います。

この「数」に関しては、昔、糸井重里さんが何かのインタビューで話されていたのですが、

「クライアントさんにコピーを出すとき、最低でも100か200は用意していく」

というようなことを話されていた記憶があります。
クライアントさんに出せるものが、100とか200ということは、実際に考えているときは1000とか2000なんでしょうね。

いや、それよりも多いかもしれませんね。
天才と呼ばれる人も、これだけの「数」を出した結果だということなのでしょう。

では、私たちも1000、2000出せばいいのかというと、実際問題そこまで出すための時間やフィーとの関係を考えると、、、ちょっと無理。
というのも、セールスコピーとかコンテンツ記事は「スピード」を要求される部分もありますから。

そこで、今回はキャッチコピーを作るときに使えるワードを3つ紹介します。

1.『早い話が・・・』

「早い話が・・・」から、はじめてみましょう。
この言い出しに続くのが、キャッチコピーの核になります。

「早い話がナニ?」という質問でもいいですね。

2.『要するに・・・』

「要するに、ナニ?」ということです。

「要するに・・・」から話し始めてみると、キャッチコピーが思いつきやすくなります。

3. 『つまり・・・』

これも同じですね。

「つまり、ナニ?」ということです。

「つまり・・・」と言ってしまうと、簡潔にまとめて言うしかありません。

まとめると

ダラダラと言ってしまいがちなことを、この3つのワードから言い始めることで、的を絞ったことだけを伝えることになるということです。

この3つのワードを言っちゃうと、ダラダラ話すことが出来ませんからね。
特に男性は、女性の前で言うイメージで使うと効果的です。
ダラダラ言うと、絶対にフル突っ込みされますから。

「だから、ナニがいいたいの!?」って。
「全然、話、早くないし・・・」って。
「要するにって、全然わかんないんだけど?」って。

ブログやレターなどのキャッチを考えることがあれば、参考にしてくださいませ。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - コピーライティング