京都日々新のブログ

ITエンジニアと執筆業の京都日比野新事務所のブログです。

*

楽にライティングしたいならコレが重要

   

楽にライティングしたいならコレが重要

ライティングが進まニャイから、今日は退散・・・おつかれニャ

今日は午前中から記事を6本書いていました。

6本の内の2本は、新しくご依頼頂いたジャンル。
リサーチしているとは言え、新しいジャンルは
なかなか手強いものです。

ありがとうございます。
4月には、スカヨハ主演の「Ghost In The Shell」(攻殻ですな)を
観に行こうと考えている、日比野新です。

新しいジャンルのライティングを行うとき
リサーチは結構な時間行います。
(通常の倍はやるので、最低4~6時間)

それでも、実際にライティングに入ると
リサーチが足りないことに気づきます。

そのジャンルのコツがわかってくると
足りない部分のリサーチは後回しにして、
まずは一旦全部書き終わってから補足することもできます。

でも、
最初は後回しにできるかどうかがよくわかっていないので、
毎回追加のリサーチをすることになります。

で、これが非常に時間が掛かるのです。

こういう状態のとき、内心は非常にイライラします。
気持ちを落ち着けようとしても、イライラします。

でも、イライラしても仕方ないのです。
リサーチ出来てないだけなので、単純に自分の責任なんですよ。

リサーチするべきポイントが掴めてないのですから。

ということで、3~4時間掛かって1本完了し、
その後続けて2本目をライティング。

1本書くと2本目は少しポイントがわかってくるので
ちょっとだけ楽に書けるようになりました。

結局、ライティングが進むかどうかは
テクニックやタネや仕掛けがあるわけではなく

「ポイントの合ったリサーチが出来ているか」

これだけなんですね。

ライティングでキーボードを叩く指が進まない。
そんな方は、ただ漠然とリサーチするのではなく
リサーチするポイントを意識すれば変化が訪れる
と実体験から思います。

楽にライティングするには、タネも仕掛けもありません。
リサーチが全てです。

それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - コピーライティング