京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

ホームページ制作会社さんで検索上位になりたい人は他にいませんか?

   

国会図書館から。

一部ではコンビニよりも多いと言われているホームページ制作会社。
フリーランスの人もいれば、従業員がいて会社になっているところもあるでしょう。

これだけの件数が各地区にあるのですから、自社を選んでもらうには何か特徴が必要です。

そんな中、去年の9月から縁あって一緒に仕事をさせていただいている、フリーランスのホームページ制作会社さんがおられます。

この制作会社さんは、あるビッグキーワードでGoogle検索上位を狙っておられました。
その強化のため、去年の9月から

・Googleに好評価されながら
・プロフェッショナルな印象を与え
・読んだ人へハードセルせず
・嫌み無く
・「あなたから買いたいです!」という感情をもってもらい
・問い合わせへ誘導する

そんなコンテンツを作成していたのですが、、、

このたび、約1年で、ビッグキーワードでの検索ランキングが5~7位と安定していることが発覚。

この順位よりも前にいるのは、サイトとしての歴史や外部リンクの多さが理由なので、後はこちらのコンテンツ強化を行うと、そのうち逆転するだろうなと。

でも、ここで大事なことは、検索ランキングではなく、アクセス数でもなく、

『安定した問い合わせがどれくらいあるのか』

ということです。

ただアクセス数があっても、レジを鳴らせないのなら意味がありません。
そして、今回の場合、セールスライターの仕事としては

「見込み客をその気にさせて目の前に連れてくる」

このことが重要なわけです。

 

そのためには、見込み客に見てもらわないといけませんし、読み終えてもらわないといけません。「読んで良かった」という感情は当たり前で、その先に「このサイトの人にお願いしたい!」という感情をもってもらうことに意味があります。

こういう意味に必要だから

・SEO対策をする
・サーチコンソールで分析する
・コンテンツの書き方を工夫する
・ヘッドラインを考える
・オリジナルなネタをインプットする

ということが生きてくると思うんですね。

でも、周りを見ると逆だったりしますけど。

 

そして1年間あちこちのホームページ制作会社さんをリサーチした結果、まだまだホームページ制作会社さんは、ホームページで商売するのが上手くないな感じます。

誰も「あなたの作ったホームページを買いたいんです!」とは言って来ないですから。

 

だからこそ、今のうちに、今回のように差をつけられる戦略を行うことで、優位なポジションを確保することもできますし、安定した問い合わせから依頼という流れも作れると思います。

まじめに1年間、目的を絞って続ければ結果はおのずとついてくる。

そんなことを感じる結果です。

インターネットを使って安定した商売をするために、あなたは今日から何を始めますか?

 

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - オウンドメディア, コピーライティング