京都日々新のブログ

ITエンジニアと執筆業の京都日比野新事務所のブログです。

*

ライティングで手が止まる。そんなときにありがちなこととは

   

祇園祭り2016長刀鉾の粽

長刀鉾の粽

昼から京都市内へ鉾立てを見に行ってきました。

胴から下は10日ごろから立てられてますので、今日は胴から上が少しずつ立てられている状態でした。

突然激しい雨が降ったり、猛烈に湿度が上がったりするので、なかなか織物が心配な状態です。

日が当たるだけで傷むものですから、湿度にも強くはありません。
そんな中、できるだけ雨だけでも当たらないように、透明のビニールを掛けてありました。

正直なところ、町内の人はビニールを掛けて出したくないと思いますね。
でも、観光客は楽しみにしているので、痛し痒しというところではないでしょうか。

ありがとうございます。日比野新です。

河原町御池を南へ下がり、三条へ歩いて行って、そのまま東へ入って烏丸へ。

順番に鉾や山が立ち始めているのを見ながら、うろうろと歩くこと約1時間。

あまりの蒸し暑さのせいで歩き疲れたので、四条烏丸上がったところのドトールコーヒーへ逃げ込んだときに、なかなかタメになる状態に出会いました。

私の隣のテーブルで、40代前半とおぼしき男性がノートパソコンで文字入力中。

入力している左側には、なにやら講演会の資料が置かれています。

ときおり資料を眺めながら、クリアファイルに入っている他の資料も眺めながら、ポツポツと文字入力。

カチャカチャカチャとキーボードをタイピングした、と思ったら手が止まる。

それから5分くらい手が止まる。

そして、またタイピングを少しする。

そして、止まる。

これの繰り返しが行われていました。

何か資料のまとめ中なのかと思っていたのですが、どうも聞こえてくる独り言の内容からは、入力した文章を音読されている様子。

ということは、何かの執筆をされているということ。

ここで、がぜん、興味がわき上がってきたことは隠せません。

それからも、少しタイピングして、手が止まる。
また、先ほどと同じ資料を見る。
考える、考える、考える。
そして、また、タイピング。

たぶんドトールコーヒーに居た40分の間に、ほとんど執筆は進んでないように感じました。

でも、これって、ありがちな状態だと思いませんか。

書きながら、考える。
一見、いいようにも思いますが、考えると書けなくなりませんか?

一度考える状態に入ると、サッと書くモードに切り替えにくいと感じませんか?

私はどうも、この切り替えがサッとできないので、考えるフェーズと書くフェーズを完全に独立させるようにしています。

考えるときは、考えるだけ。
書くときは、考えたことだけを使って書く。

「足りないな」と感じても、まずは考えたことだけで書く。
いったん書き終わってから「やっぱり足りないな」と感じたら、それから追加リサーチをして書く。

こんなふうに、完全にフェーズを分割しています。

ほとんどの場合、ライティングで手が止まるときは「何かを考えている」ことが多いように経験から思います。

スムーズにライティングができないな。

そんなことを感じたら、書くことだけに集中しているか。

ライティングから一歩離れて、冷静に自分の思考を分解してみてください。

追伸
こちらの画像は「長刀鉾の粽」です。
粽ですが、厄除けのお符です。

20160713_02
それでは、また。

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - コピーライティング