京都日々新のブログ

ITエンジニアと執筆業の京都日比野新事務所のブログです。

*

競合が多いキーワードで、勝つブログや記事を書く3つの方法

   

勝つブログや記事を書く3つの方法

勝ちたいんです!

今日は、ビジネスパートナーの方から頂いたご質問の答えを、私なりにお伝えします。

ブログやオウンドメディアと呼ばれる記事には、記事を読ませるための第一歩である「タイトル」があります。

「あっ、気になる!」
「それ、なに?」
「へへへ、、、」

という、感じで「タイトル」に引かれてクリックするわけですが、このタイトルを決めるために、まずは「キーワード」が存在します。

ありがとうございます。日比野新です。

で、頂いた質問とは「競合がたくさんいるキーワードで、どうやって勝つ記事を書くか」という内容でした。

まっとうな答えとしては、競合がたくさんいるキーワードで検索し、トップ5記事を熟読。

どれよりも濃い内容の記事を1本書きましょう。

というのが、ひとつの答えです。

しかし、この方法は口で言うほど簡単ではなく、トップ5記事を分解して再構築する必要が出てきます。(ピカソの絵です。)

そして、再構築した後に、自分の意見や主張を盛り込むことを忘れずに。

これを真剣にやると自然にトップ5記事よりも濃い内容になり、文字数も増える傾向にあります。(文字数が多い=濃い記事ではありません。)

もうひとつの方法は、トップ5記事とは全く逆の意見の記事を書くことです。

もし自分が逆の意見を持っているなら、その理由や証拠を並べて書くことで、順位上は勝てる可能性がアップします。

これはグーグルの言う「オリジナリティ」になるのかもしれませんが、世の中には逆の意見が好きな人も大勢いるので、読まれる可能性は高いでしょう。

で、他に方法は無いのかというと、

私がいつも意識しているのは

・「切り口」を変えること。
・メインのキーワードと、意外なキーワードを組み合わせること。

以前書いた記事なら「虫歯治療」と「虫歯ポーズ」とか、「歯科医」と「南極探検隊」とか。

メインのキーワードでの検索を考えながら、意外なキーワードから来た人にも読んでもらって役に立つようにする。

切り口をズラして、思い切り日常のミクロな出来事に注目する。

こういう手法を使えると、同じキーワードで「内容」が違う記事を量産できますから、数が必要な場合にも効果的です。

このように、3つの方法のどれかを私は使っているのですが、たぶん自分から宣言しない限りは、どれがどれか、わからないと思います。

ライティングに興味がある。
ライティングを勉強している。
ライティングで独立したい。

こんな方は、ぜひ、この3つの方法を意識して普段の文章を書いてみてほしいと思います。

ネットの記事は、ひとことで言うと「後出しジャンケン」です。

後になればなるほど、濃い記事が書きやすくなり、勝つ記事も書きやすくなります。

しかし、今でも古い記事がトップ5位に君臨しているのなら、他には書きようがない記事なのか、ほとんどの人が「やってない」のかでしょう。

結局、勝つには、当たり前をどれだけ「やれるか」に掛かっているところは、記事でも人生を変えることでも同じなんだなと思います。

自然の原理や法則は変えようがありません。

なら、自然の原理や法則に従うのが正しい方法かと。

それでは、また。

セールスライターで起業したいなら、この無料メルマガを読んで見てください↓
[wysija_form id=”2″]

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - コピーライティング