京都日々新の売る文章脳

セールスコピーライター『京都日々新』の売る文章脳

*

自分の頭に飛び込めていますか?

   

相手の頭の中に飛び込むためには、
まず、自分の頭の中に飛び込めないといけない。

デヴィッド・ロッシ

セールスコピーを知って勉強すると、

「相手の頭に忍び込みましょう」
「相手の会話に忍び込みましょう」

というセリフを見たり聞いたりすると思います。

これはロバート・コリアーも言っています。

だから、誰もが相手の頭の中に飛び込もうとするのですが、できないままということが多いもの。

でも、これって当たり前ですよね。
そもそも他人の気持ちや考えがわかることはありません。

そうはいってもライターなら飛び込まないといけないですから、どうするかというと、、、

まずは、自分の頭の中に飛び込むことが大切だと。
自分の頭の中へ飛び込めないのに、他人の頭に飛び込むことはできない。

自分が考えなくてもできることをやり、適度に集中しながら自分の頭の中で相手と会話する。

「なぜ、ほしくない?」
「なぜ、手を止めない?」
「なぜ、他のものを買う?」

よい答えを得るためには、よい質問も大切です。

その結果、相手が夜も眠れず悩み考え、くよくよしていることがわかるのでしょう。

自分の頭に飛び込めてこそ、次の段階で相手の頭に飛び込める。

セールスライターやコンテンツライターが、忘れてはいけないことだなと。

では、また。

 

今月の人気記事


 ~今月の人気記事~

 - ひとりごとやライフスタイル, コピーライティング